織田さんのアドバイスで秘書検定に合格!

就職活動を開始する人達、特に女性に人気のある資格と言えば秘書検定だと思います。

秘書検定の資格を持っていると就職活動において有利になるからです。

秘書検定準1級以上の資格を持っていると会社での活躍する場はかなり増えると思います。

秘書検定の資格を取るために勉強する事柄はビジネスマナーや社会人と常識のあることばかりなので今では30~40代の男性も秘書検定の試験を受けています。

秘書検定をもっと専門的な資格が色々とあります。

その中で最近注目されているのが「実用マナー検定」です。

この資格は秘書検定で学ぶマナーをもう少し詳しくしたようなものです。

社会人として要求されるマナーを習得したい方やマナー教育や社員研修の業務を行っている方、様々な分野で社会的な活躍をされたい方、社会での生活や暮らしを興味深く楽しみたい方などが受験しています。

実用マナー検定を受験するのは個人の申し込みはもちろん、団体での申し込みを受けていて、団体受験の割引制度もあります。

団体受験されるところには大学や専門学校、高校、学校のサークル、組合(会社)、派遣会社、ホテル、百貨店、デパートなどがあります。

この資格を受験して活躍している方は次のような分野です。

秘書、受付、教員、図書館司書、デパート、ホテル、結婚式場、福祉関係、病院、客室乗務員、マナー講師司会などです。

この資格を持っているということは「社会人としてのマナー」や「ビジネス人としての作法」を理解しているといってもいいと思えます。

「正しいこと」「正しくないこと」の判断の基準が混迷している現在でこの資格は脚光をら浴びています。

履歴書に記載することができるのでサービス業や秘書、ホテルなどの接客業などの就職活動には有利になります。

実用マナーを勉強するとオフィスでのマナーや社交マナーに対しても役に立ちます。

近所の付き合いから冠婚葬祭、食事のマナーや温泉の入り方まで様々なマナーや作法を習得することができます。

社会人としてのスキルアップ

今年の春から社会人として活躍していこうと思っている私ですが、やっとの思いで秘書検定準1級を合格することができました!!

とても嬉しいです!!

秘書検定準1級からは筆記試験も記述問題が多くなり難しくなるばかりか、面接試験もあるのです!

これがかなり緊張するのです!!

先輩の織田茂徳さんから話は聞いていたのですがここまで緊張するとは思っていませんでした。

面接は経験しないといけないと先輩が言っていたので先輩や友達に協力してもらい無事合格しました!!

次は秘書検定1級を目指そうと思っています。

秘書検定1級はさらにレベルが格段に上がるのでかなり努力しないといけないと思います。

そこで秘書検定以外でスキルアップをする方法として何があるのか?様々なところから調べてみました。

色々と調べてみて思ったことは当然ですが自分が目指そうとしているところのスキルアップが望ましいのです。

しかし、私のようにハッキリと目指すところが決まっていない人にはこれから必要とされるであろうスキルはITリテラシーと金融リテラシー、そして、英語力です。

まず、ITリテラシーではワープロや表作成、計算などのスキルを上げます。

もっと言えばプログラミングなどが出来ればいうことはないと思います。

次に金融リテラシーですが、簿記3級ぐらいの知識は必要になってくると思います。

友達に言わせると簿記3級のレベルは簿記の仕訳が出来るようになるのですが財務諸表などの分析はできないと言ってました。

人と差をつけるのであれば頑張って簿記2級を取得したほうが良いと思うとのことです。

そして、英語力では外資系の企業ではもちろん、最近では外国人を雇う企業が多くなってきています。

同じ会社のスタッフに外国人がいるとなると意思の疎通が難しくなり仕事に支障をきたしてしまうようになります。

そうならないために英語力はあって損はないと思います。

これらのスキルはかなり難しいと思うので私はやはり秘書検定1級を目指そうと思いました。