安心して加入することができる住まいる共済

住まいる共済について

住まいる共済とは、地震や火災などの自然差災害が起きた場合住まいと家財の保証を受けることができる保険です。

自分の家を持つ場合、あらゆることを想定して保険に加入する必要があります。

その場合、住まいる共済では自分に合った補償内容を選び組み合わせることができるため非常に人気です。

例えば落雷などによる火災に対する補償額は、最高額で6000万円の保証額が出ることになっています。

他にも、暴風雨や竜巻などの風水害による被害の最高保証額は4500万円になっています。

また、今はどちらの地域でも起きているため心配される地震や津波に対する最高補償額は1800万円となっており安心して家を建て長く済むことが可能です。

また、持家に対する補償だけではなく賃貸やマンションによって自分のニーズに合わせて保険に加入することができます。

掛け金によって、安く済ませたい方に対するプランもあり生活スタイルに応じて加入することが可能です。

※参考:https://www.youtube.com/watch?v=R_J4Xt4LFCw

マンションは、戸建てに対して風水害などのリスクが少ないため掛け金が少なく済むメリットもあります。

最低でも、火災や家財に対して補償を設けることで安心して生活をすることができると言えます。

特約をつけることも可能

他にも、隣の家にも火災の被害を掛けてしまった場合の特約保障や盗難による家財被害の特約保障などがあり自分が心配な部分に対しては特約を設けることができます。

掛け金に余裕がある場合や、保障とは別に他にも特約を付けたいという方には非常におすすめなプランだと言えます。

そして、住まいる共済に加入する場合は出資金が必要になりますが最低でも1000円になるため安心です。

住む地域が、風評被害の多い地域や保険の加入を検討している方にはベストな保険だと言えます。

例えば、山の近くにお住いの方には土砂災害に備えた保険に加入したり海の近くに住む方は津波による保険に加入する必要があります。

まずは、加入をする前にファイナンシャルプランナーに相談の上自分に合ったプランを検討することが必要です。

このように、保険と言ってもたくさんの企業があるためすべてに見積もりを掛けることは非常に難しいと言えます。

しかし、知人の紹介などで簡単に済むということから保険に加入するのは損をしている部分も出てくる場合があります。

そういったことにならないためにも、住まいる共済でのさまざまなプランは自分に合ったものを組み合わせることができるため非常に安心だと言えます。