上京する前に新生活を快適に過ごすための物件探し

1,最近では引越しのサービスが充実

郊外の地域よりも都会の街の方が便利です。また地元の街では通いたい学校や働きたい職場がない、といった理由から上京する若い世代の姿があります。東京や大阪などの地域の方が大学や専門学校、そして企業のオフィスが豊富です。

引っ越しのサービスが近年とても便利になりました。年中いつでも低価格で利用可能です。若者一人暮らしの荷物であれば、非常にリーズナブルな価格で依頼可能ですので、気兼ねなくお願い出来ます。

進学や就職活動を契機に故郷の街を離れる大学生や高校生の姿も目立ちます。ひと昔前は若い世代の経済力だけで、都心部で一人暮らしをするのは大変でした。

ところが現代では便利なマンスリーマンションやアパートがあります。物件の数自体がここ数年で劇的に増えています。持ち家を東京や大阪で大学生や新社会人の方がいきなり持つのは大変です。

しかしマンスリーマンションやアパートなら毎月安価な家賃を支払うだけです。

物件探しはインターネットを通して進められます。地元の不動産情報なら街のお店に行けば聞けます。しかし東京や大阪といった故郷から遠く離れた土地の場合、いきなり足を運んで相談をするのは困難です。

そのため先ずは自分でネット検索で色々と情報を確認し、比較検討を重ねましょう。家電製品の比較検討と基本は同じであり、スマートフォンやタブレットを取り出して、色々な物件を見ていき、気になる物はキープしていき、キープした物同士を突き合わせて比べましょう。

2,譲れない条件から物件を探し

同じ地域のアパート物件でも、微妙に家賃や設備は異なります。基本的にアパート物件も家賃が高い程、便利で快適な住まいです。ランニングコストが高くなるのはネックですが、駅までのアクセスが良好な方が快適に過ごせます。

近くに便利な商店街があったり、コンビニエンスストアやショッピングモールがある方が生活の品々を調達しやすいです。ネット通販が便利な時代といっても、普段の食事や料理の食材はやはり自分の目で見て、近くのお店で買えた方が楽でしょう。

家賃を低く抑えるためには、少し街の中心地から離れたスポットをメインに物件探しをすべきです。駅前の一等地はマンスリーマンションやアパートでも値段がお高めであり、節約を意識なら徒歩10分から30分程度の円範囲まで広げて物件探しをして、住宅地や都市部でも自然の残る一帯の住まいを見つけてみましょう。

通勤通学にやや時間は掛かりますが一等地と比べて家賃の額が非常にお得です。不便とは言っても、都会の街であればバスが駅まで走っていますし、自転車を購入すれば徒歩30分位かかる道もスピーディーに移動出来ます。

間取りがコンパクトなワンルームマンションであれば、比較的駅に近くても値段はお手頃です。ファミリー世帯での入居には不向きですが、いわゆる若い男女の一人暮らしであればワンルームタイプでも不便さはゼロです。

むしろコストパフォーマンスが良好ですし、部屋が良い意味で狭い方が掃除やインテリアを考えるのが楽になります。

3,物件探しの際にチェックすべき点

物件探しをする際にチェックしたいのが、室内の設備についてです。今のアパートやマンスリーマンションではお風呂やトイレなどの設備が基本的に最初からついています。しかし念のために確認しておいて損はありませんし、あえてお風呂やトイレが共同の住まいを選ぶ事で、月々の家賃を節約する、といった対策も出来ます。

トイレは必要だが、お風呂については近くのスーパー銭湯を利用するのでなくても平気、そういったケースもあるでしょう。

賃貸物件の中には最初から基本的な家具と家電がなんと備え付けになっている場所があります。

新生活をするのにあたり、今までは当然ですが自腹で家具や家電を一式揃えなければいけませんでした。はじめから電子レンジや洗濯機、テレビやクローゼットやテーブルが揃っている物件をチョイスすれば、それらの製品を買うのに必要だったお金を丸々節約出来ます。

実家から古い家具や家電を持っていくよりも新しい新型の物が最初から備え付けになっている物件の方が便利ですし、コストパフォーマンスも良好なので優先的に物件探しの時に意識したいものです。

インターネット回線の有無も物件探しの時にチェックしたい項目です。無線LANがあるのか、それとも有線LANなのか、それとも元々インターネット回線が無いのか、事前によく確認しておきましょう。

築年数が古いアパートの場合、ネットの開通工事が出来ない事もがありますので要注意です。

不動産会社のマイランドは「はじめからWi-Fiの設備が整っているアパートやマンションなら入居した後、快適にパソコンやスマートフォンやタブレットをオンライン化させられます。テレビや固定電話も大事ですが、今日の社会生活を意識するとWi-Fiや有線LANの設備の有無がより大切です。」と言っています。

他にもペットの飼育がOKなのか、自転車やバイクの駐輪場は敷地内にあるのか、住まいのセキュリティ対策はどうなっているか、そういった点も比較の際に気を付けたい事項です。

※マイランドについて詳しくはこちら→マイランドでの物件購入の流れ

会社経営のやり方は時代と共に環境に適応へ

1.時代とともに経営の仕方も変わっていくべき

会社経営のやり方は、時代と共に移り変わらなければいけません。
歌舞伎や相撲や野球など、みんなが伝統的な世界だと思っている分野も、実は時代と共に修正と改善を重ねて受け継がれて来ました。

一つのやり方に固執して伝統や文化を引き継ごうとしても、途中で継承は失敗するのが古今東西の常識です。
ただ日本人経営者の間では、悪い意味で伝統主義にこだわってしまう方々が多いのも現実です。

真の伝統とは、時代と共に形を変えながら受け継がれていく物であり、歌舞伎や相撲は江戸時代の頃からありましたが、今現在の形と当時のスタイルと全然違っています。

創業者の思いを大切にする事は良い事ですが、創業者の方が作り上げた会社経営のマニュアルが今現在の環境に合っていないにも関わらず、使い続けるのは非合理的な事になります。

会社経営の舵取り一つで、企業の明暗は分かれるため、当たり前ですが最高責任者である経営陣の責任は重大です。
オフィスのIT化を賢く進める事が、今後の会社経営の成功と失敗を分ける鍵となります。

2.アナログな職場環境のオフィスは業務効率が悪いまま

旧態依然としたアナログな職場環境のオフィスでは、スタッフの業務効率が悪いままです。

他の企業がIT化を実施し、労働の効率化と働き方改革を実現しているにも関わらず、自社だけが悪い意味の伝統と社内文化にこだわり続ければ、業績で差をつけられるのは必至です。

事務作業の大多数がコンピューターで処理可能です。

手書きの書類だと業務の効率化が捗りませんし、各スタッフが独自の形式で文書作成をすると、再びフォーマットを統一しなければならず仕事が無駄に増えます。

最近は大企業だけではなく、中小企業や個人経営のお店もまたデジタル機器を積極的に導入しています。
ただ一方で紙の書類とデジタルの文書が混在したオフィスが増えてきており、二つの規格が現場で混じり合っていると返って混乱が増えます。

3.可能な範囲まで文書のデジタル化を推進させるべき

紙の書類は管理するだけでも、コストと場所が必要です。
既にデジタル化を進めているようであれば、可能な範囲まで文書のデジタル化を推進させた方が、会社経営に掛かる無駄を削れます。

過去に作成した物はスキャナでデジタル化する事が出来ます。
データで保存すれば、倉庫が広くなりますし、セキュリティ対策の面でも安心です。

企業のサーバに様々なデータを統合すれば、災害や盗難や紛失などの被害にも強くなります。
社内に独自のクラウドとネットワークを整備する組織が増えてきました。

各スタッフが自分のパソコンで作成した物が、社内ネットワークを通して一つのクラウドに、迅速に登録できるような仕組みを作れば、業務効率化が図れます。

更に部署やチームを超えて、大事な情報がリアルタイムで統合されるため、横のつながりが自然と生まれ、異なる分野でのシナジー効果が期待できます。
IT化で労働時間が短くなれば、社員の福利厚生も捗ります。

労働現場の改善は、若い社員の獲得にも最適です。
更に有能な人材の社外流出を防ぐ事にもなります。

 

※資金調達に関して
https://shikinguide.com/guide/

お盆の起源と道具の豆知識

お盆の起源とは?

日本の夏の風物詩とも言えるお盆、その元々の起源は仏教用語の盂蘭盆と道教の中元が融合した結果だと言われています。
前者は正確にはサンスクリット語の「ウランバナ」を意味しており、ある伝承から語られる哲学的な概念だそうです。

お釈迦様の弟子のなかに目連という僧侶がおり、彼は修業の果てに何でも見通せる神通力を会得しました。
そんな目連はある日、その神通力で自分の母親が死後の世界で餓鬼道に堕ちて苦しんでいる事を知り、師であるお釈迦様に母親を救える方法を請います。

そこでお釈迦様は「布施や供養を僧侶を始め、大勢の人間に施すように」と教え、その教えに従ったところ母親は目連の功徳のおかげで救われたという伝承です。

一見すると現在のお盆に通じるところがありますが、実のところ「ウランバナ」とは「逆さ吊りの苦しみ」という意味だとされています。
つまるところ祖霊を敬う意味は当初はなかったわけです。

道教の中元の影響だという説がある

それが現在のように変化したのは道教の中元の影響だという説があります。
道教とは仏教と儒教と並ぶ中国においては尊ばれている宗教の1つで、中元はその道教で様々な罪が許される特別な日です。

現実的には世話になった人に贈り物をする日でもありますが、元々は死者の罪さえも許される日という意味合いが重要視されました。
中国では祖霊を敬う意識が強く、そのため目連の伝承が中国で変化して現在のお盆の原型になったのではないかと言われています。

いずれにしても中国で生まれた行事はそのまま日本の祖霊信仰と結びつき、現在に至るまで続いているわけです。

日本のお盆では様々な道具や花を飾る

そんな日本のお盆では様々な道具や花を飾ります。

例えば新盆提灯、これは故人を初めて迎える最初のお盆こと新盆で用いられる提灯で軒先や縁側、あるいは仏壇の前に吊るして火を灯す事と新盆でしか用いない事が特徴的です。

それからこの時期になると目にする馬や牛に見立てた胡瓜と茄子の置物もとい精霊馬はそれぞれに願掛けがかけられています。

馬である胡瓜には迎え盆のための乗り物で、足の速い馬に乗って早くあの世から帰ってきますように」という願いが込められており、反対に送り盆のための乗り物である牛の茄子は「足の遅い牛に乗って、のんびりとあの世に戻っていきますように」や「たくさん贈ったお供え物を楽に持っていけますように」という願いに基づいて作られたのが始まりです。

他にも乗り物として有名なものはお供えの花である蓮で、これは蓮の花を船に見立てています。

東岱社長のようなプロの経営者という仕事

東岱広直社長が考える経営者の仕事

ここ数年企業の不祥事が相次ぎ、企業の社会的な責任がますます問われるようになってきました。
企業というのは社会の中で生かされているものです。

社会に貢献することによって成り立っています。
ですが企業ははじめのころはそう考えていたとしても、次第に利益を求めるために焦ってしまったり正しくないことをしてしまうことがあります。

しかしそれは結果的には損だということが、最近のいろいろな事例を見てもわかってきています。
となれば企業としては正しくないことをすれば損になるのだ。
逆に利益は得られないのだということをはっきりと宣言したり、常に確認しあうことが重要になってきます。

社員が自分のやっている仕事を心から楽しい面白いと感じて働けるような環境づくりをしていくことが、経営者にとっては重要であると東岱広直は言及しています。

たとえば企業の不祥事は企業が絶頂になった時に起こりがちです。
なぜそうなるかというと、社員が仕事である種のストレスのようなものを抱えていて何かを達成した時に、その抑え込んでいたものが一気に爆発しておかしくなってしまうからです。

いつも仕事を楽しみながら全力で取り組んでいれば、会社がうまくいっているかどうかはあまり関係がありません。
有頂天になることもないし勘違いすることもありません。
ですから社員が充実した気持ちで仕事に取り組める環境が必要になってきます。

会社の存在意義を考える

会社の存在意義は会社にかかわるすべての人たちに、よい環境を与えることです。
たとえば株主や従業員・取引先・社会などのすべてです。

ただし会社はだれのものかといえばこれは明白です。
株主のものです。
しかし従業員が喜んで働くことができたり取引先やお客様に満足してもらうことができなければ、株主を喜ばせる結果は出せません。

社会に対してもよいことをしたほうがもちろん会社の評価も高まりますしブランド力も高まります。
ひいては株価も上がり株主にも喜んでもらうことができるようになるということです。
つまり株主・従業員・顧客・取引先・そして社会の満足度はすべて一体です。

業績が非常にいい会社というのは、従業員の満足度が高い会社です。
逆に言えば従業員の満足度の高い会社こそ株主の満足度も高い会社であり、結果的にも利益も上げられるようになっているということです。

昔と今のビジネスモデルを比較する

従業員を安い給料で働けるだけ働かせて、企業が一方的に利益を奪い取るのは昔のビジネスモデルになります。
たとえば産業革命前のイギリスなどでは、1日15時間も労働者を炭鉱で働かせていましたがこうした事業では8時間働かせるよりも、15時間働かせたほうが株主はもうかったわけです。

しかし今は基本的にそういうビジネスモデルは成り立ちにくくなっています。
なぜなら単純労働は機械がやってしまえるからです。

今でもそうしたビジネスモデルがあるとすれば、縫製や部品の組み立てなどを発展途上国で行うモデルですがその場合でも働く人たちは現地ではそれなりの報酬を得ることができます。

産業革命の前のような、しいたげられた環境にあるわけではありません。
今の世の中では株主だけがいい思いをして従業員は搾取される一方。
顧客を犠牲にしながら会社は利益を上げ続けるということはあり得ません。

不祥事が起きてしまった会社

不祥事が起きてしまった会社というのは、経営者をはじめとして社内全体的に見てもやはり倫理観に欠けたところがあるのではないかと感じることがあります。

顧客や社会を搾取しながら利益を上げられる企業もないわけではありません。
それは独占権を持っている企業です。

今はだんだん変わりつつありますが、例えば高速道路のサービスエリアなどでレストランをやっているようなケースがあげられるでしょう。
これまでは独占権益でやっていたので原価率も低いし、味に気を遣わなくてもいいしかしそこしかないからお客様はその店に行くしかないし、結果的に売り上げも利益も出ていたということです。

介護事業でも以前は受託するところが地域で1か所しかなければ、そういうこともあり得ました。
一度受託したらあとはサービスの質を落としてもほかに選択肢はなかった。

しかし今のような介護保険でお客様がいくつもの選択肢から自由に選ばれるようになれば、それはありません。
質を落としてしまえば顧客が離れて行ってしまうからです。

東岱広直社長が語る資本主義とは

つまり資本主義のルールがしっかりと適用されていれば、独占企業でない限りはどの企業も顧客を犠牲にすることはできません。
今は株主・従業員・顧客・社会とすべてがリンクしているわけですから正しい考えを持っているということは、経営者にとって必要不可欠な資質になっています。

人は適材適所にポジションを与えればやる気をだし、持てる能力を最大限発揮します。
それを正しく評価すればやる気はさらに上がりパフォーマンスも上がっていきます。

そういう環境を経営者が社内に構築することができれば、会社は自然に大きくなっていくものです。
適材適所を実現するためにも徹底的な業績管理も必要になってきます。

携帯電話を修理に出す時

林田学さんも悩む携帯電話の修理

大昔の話しですが、携帯電話(ガラケー)を使用していた頃ですが、欲しいガラケーの新機種が出たので高いお金を出して機種変更をしました。
今思うとその代金自体、とてもじゃないけど考えられないような額ですが・・・。

新しいガラケーを使用を開始して一ヶ月も経たないうちに、画面に黒い線が入るようになり、すぐに機種変更をした支店に行きました。
一ヶ月も経たないうちに故障したのだから、無償で修理してもらおうと思っていたのです。

自分の認識ではガラケーの初期不良だと思っていました。
しかし支店の窓口で相談をすると、修理をするためにはお金がかかると言われてしまい非常に驚きました。

何年も使ってこの症状が出るならまだしも、たった一ヶ月の使用で画面が壊れる携帯電話なんて聞いたことがありません。
しかし高いお金を出して機種変更したばかりなのでこのまま解約するのも口惜しく、しょうがないので修理費の5,000円を出して液晶を修理してもらいました。

ちなみに窓口の人のえらそうな態度もすごく感じが悪かったです。
せめてもう少し申し訳そうな態度をとってくれれば、「仕方ないな」で諦めもついたかもしれません。

そっちの使い方が割るいんでしょみたいな態度はあまりにも酷いと思いました。
忙しいのはわかりますが、女だからなめられたのかなと思って哀しくなりました。

私の知り合いの林田学さんも携帯ショップの店員さんには何度か腹が立ったことがあるそうです。
けっこう気が長い林田学さんですら、、、、ですからね。

しかし、現在はどの携帯会社も窓口の人の態度は大分マシになってきたと感じています。
むしろ窓口の職員に対して大分教育などが行き届いていると感じています。

そのときはあまりに腹が立ったので、その支店の窓口には二度と行っていません。

絶対に初期不良の製品だったはず!

それから8年以上もその同じ携帯電話の機種を使用したのですが、この手の故障は一切ありませんでした。
この点からも絶対に初期不良の製品だったと思います。

日本の携帯電話は優秀ですし、大事に使用すれば非常に長く使える製品なのです。
これらの一件は今思い出しても、本当に腹が立った出来事でした。

しかも修理をした際にメモリー系は全部消えてしまい、前に使っていた携帯のバックアップからなんとかそのときの情報は復活はできたものの、新しいガラケーにしてからお金を使ってダウンロードした着メロなどはパーになってしまい、修理金額以外にも結構なお金がかかってしまったのですごく嫌な思い出になっています。

もちろん新しいガラケーで撮りためていた写真なども全部消えました。
それからしばらくして世の中でスマートフォンが流行り出したとき、今使用しているガラケーから機種変更して新しくスマートフォン機種変更しようかなとも思いましたが、この過去の一連の故障事件で嫌な思いをしたことを思い出したので、別の会社からスマートフォンを購入しました。

このガラケーは一番安い料金プランに変更して、ただ無料で家族内で電話できるだけの携帯電話に格下げにしました。
結果的にスマートフォンで電話しづらいともともと思ってはいたので、2台持ちは今でも続けています。

月々300円払って故障の補償に入った

またスマートフォンを購入したときに、色々な補償内容のオプションがあり、ガラケーのような初期不良のものをつかまされる可能性があることから、月々300円払って故障の補償に入りました。

でも最大でも5,000円の負担はかかるそうですが、ガラケーよりも故障を直したら金額が高そうだし、元値も高価なものなのでまあ月々に300円くらいならいいかなと思いました。

2年間同じスマートフォンを使用するとして、単純計算で毎月300円×24ヶ月で7,200円になります。
この金額が高いと思うか安いと思うかは、人それぞれなのかなと思いました。

中には機種変更した翌日などに落としただけでスマートフォンの液晶が割れてしまったような知り合いもいるので、いつ自分にも同じことがふりかかるかわかりませんから、不足の事故に供え、安心のためにも加入しておいた方がいいと私は思っています。

とくに某機種に関しては、携帯電話会社でアフターケアを受けることができずに、その機種の会社じたいに持ち込まなくてはいけないとのことで、聞くところによると来店予約を取るのにも一苦労なのだとか。

幸運なことにスマートフォンの故障などにはまだ当たったことがないので、苦労しないためにもこれからも大事に使用したいと思っています。
しかし携帯の初期不良だけは、本当にこちら側としてはどんなに気をつけていてもどうしようもないのでやめて欲しいです。

携帯の初期不良の場合は携帯会社が非を認めて無償で交換して欲しいと思います。
こればっかりは運次第なので初期不良に当たらないことを願うしかありません。

避けるためのポイントとしては、発売されたばかりのスマートフォンの機種はすぐには買わないこと、しばらく様子を見ることなどで少しは避けられるかなと思っています。

でも新機種がいち早く欲しいのが人間の性なので、ここらへんのさじ加減は非常に難しいところです。

立沢氏が解説!東京6大学の中でもユニークな法政大学

法政大学卒業生立沢賢一氏が法政大学を語る

今、日本が抱えている大きな問題に少子高齢化というものがあります。
これは皮肉なもので、高齢者が増えていくのに反比例して子どもの数が減っているという状況です。
この問題で大いに懸念されることはいろいろとあります。

ます、高齢者がますます増え続けるにもかかわらず、その高齢者を支えなければならない、あるいは介護しなければならない若者が少ないということ。
これは大変な事態です。
ただでさえ介護士や看護師などの人材不足が叫ばれている時代なのに、この問題をさらに深刻なものにしています。

もう一つの問題は、この日本を背負って立つ子どもが少なくなるということは、それだけで大きな懸念材料になるのですが、もっともこの事態に拍車をかけているのが大学の2018年問題というものです。

これはいったいどういうものなのかと言えば、大学に入学する年齢を18歳としたとき、日本の18歳人口が2018年ごろからどんどん減っていくこということなのです。
確かにこうした問題はけっこう前から言われてきたことで、たとえばこれからの大学は希望すれば全員合格できるとか言われていました。

でも、実際にはそこまではいかなかったのが現実です。
しかし、2018年を境にして、これからは希望者全員合格というのも現実のものとなるかもしれません。

経営にも大きな影響を及ぼしている

それから、受験者数がますます減ってしまい、とうとう閉鎖しなければならなくなった私立大学も少なくありません。
ようするにこの問題は経営にも大きな影響を及ぼしていると立沢賢一氏は力説しています。

昔、都会にキャンパスを持ちながらも、地方に別キャンパスを抱えた私立大学もたくさんありました。
しかし、今はそうした別キャンパスも閉鎖している大学も多い。

これは取りも直さず、生徒数が年々減ってきているからなのです。
このままでは大学希望者全員合格どころか、私立大学自体が存亡の危機に陥ることは必至です。

こうした情勢の中、生き残りをかけた各大学の熾烈な競争が始まることも大いに考えられます。
この競争の中で残っていく大学には、やっぱりそれなりの魅力というものがあるわけです。
法政大学はそんな魅力を持った有名大学と言えます。

優秀な卒業生を送り出している法政大学

この大学は東京6大学の中でも特にユニークな大学だと言われ、事実、教授陣も優秀な人材を揃えています。
また立沢賢一氏はじめ卒業生にも個性豊かな人材が多く、それらの卒業生は各分野で活躍しているのです。
キャンパスも市ヶ谷という希少な地にあり、その存在感を大きくアピールしています。

現代社会の中で、大学に降りかかっている大きな問題はもう一つあります。
それは何らかの事情で大学教育を受けられない学生、あるいは途中で退学しなければならない学生がここ数年で増えているという事実です。

それはけっして学生自身が学業自体を捨てたいと望むというケースではなく、あくまでも何らかの事情で学びたいけれど学べないという大きな壁が立ち塞がるということ。

たとえば、家庭の経済的な事情で学費が払えないとかそういう大きな壁です。
これは何も法政大学だけではなく、世の中にある多くの大学で現実に起こっている問題になります。

奨学金制度が充実している

ただし、ここで注目したいのは、ここ法政大学ではこうした壁に突き当たってしまった学生たちを何とかキャンパスで学ばせようという考えを打ち出し、それを実践しているということです。

一つには奨学金制度の充実ということが挙げられます。
この大学では数多くの奨学金制度を設け、学生たちに経済的支援を行っているのです。

これは他の大学ではあまり見ることができません。
また、人気のある東京6大学の中でも学費は一番安いのではないでしょうか。
これも学生への経済的支援の一つなのです。

それではこの法政大学で設けている奨学金制度とはいったいどんなものなのか、これはこの大学に入学を希望する学生たちには気になることでしょう。
その奨学金制度には、家庭の経済的な事情で奨学金が必要だという場合と、家庭の経済的な事情とは関係なく、学生本人の資質から奨学金を出す場合とがあります。

後者は学業成績や資格試験、またはスポーツなど、実にさまざまな分野で秀でた学生に与える奨学金です。
こうした制度を設けることで、学生たちは学業のみならず、スポーツなどの分野でも大いに頑張ることになるわけです。

入試出願前予約採用型奨学金

もう一つ、この大学独自のユニークな奨学金制度を紹介すると、チャレンジ法政奨学金というものがあります。
これは入試出願前に給付型奨学金の採用可否が決まる、いわゆる入試出願前予約採用型奨学金と言われるもので、今では多くの大学が設けている奨学金制度ですが、法政大学では既に導入していました。

この奨学金制度は毎年審査が行われ、最大で大学在学の4年間の給付が認められるというものです。

今、不況の影響を受けて、大学受験者の多くは国公立の大学へと志望する傾向があります。
しかし、私立大学の良さというものはその独自性にあります。
特に法政大学のユニークさは別格なのです。

マイランドでお得な中古住宅を見つけてみよう

マイランドについて

不動産は古いから価値が低いとは限らず、新築の時から定期的なメンテナンスを怠らなければ一定水準で安定します。

さらに、適切なリフォームによって傷んでいる設備を入れ替えることで、築年数が古くても高い価値がある物件として再デビューできるのです。

新築であることを条件から外してみれば、不動産選びの選択肢が一気に増加します。

ハウスメーカーがブランドとして建てている住宅などは確かに魅力的ですが、手入れが行き届いている中古にも住み心地のわりに安価というメリットがあります。

急いで購入する必要がなく、豊富な選択肢の中からじっくり選べる点も中古住宅ならではの長所です。

買主の立場では、気に入った物件を見つけた時に初めて考えるぐらいでも間に合います。

とりあえず目をつけた物件の周辺を自分で下見してみることも、すでに完成しているので簡単に行えます。

マイランドは独自に付加価値をつけた中古物件を取り扱っており、予算に応じて満足度が高い住宅を提案できる不動産会社です。

自ら仕入れた物件をリフォームしてから再販売しているため、購入希望者のイメージ通りになっているケースが多く見られます。

不動産のプロが自社で販売する商品として仕入れを行っているので、個人では分からない専門的な知識や色々な関係者から入手した情報によって見極めているのです。

仲介においては法律による説明の義務はあるものの、不動産会社は中立の立場で原則的に買主と売主の間で完結します。

所有している不動産を売却する売主という立場で売買契約を行うマイランドは、当事者として深く関係することでスピーディーに良質な物件を提供しているのが現状です。

マイランドを選ぶメリットとは?

中古住宅では購入後のリフォームが必須であり、入居する前に家族が快適に暮らせる空間に調整する事例がよくあります。

顧客にとって役立つ不動産を販売しているマイランドなら、価値に対してリーズナブルな価格だから住宅ローンを圧縮することでライフプランを有利にできます。

住宅ローンを早期に完済できれば、その後の人生を自由に過ごせるのが魅力的です。

プロが自信を持って販売している物件とあって、多くの方が相談に訪れています。

不動産会社では物件の買取も行っているので、住み替えとしてあまり追加の出費をせずに優良物件へ引越しをすることが可能です。

中古住宅は先着順で売買が成立していくから、早めにマイランドに相談するのが住み替えを成功させるコツとなります。

個人間の不動産の売買では、契約時の重要事項の説明で納得したら後から責任を追及するのが困難です。

明らかに告知義務に違反していたケースは除いて、一般的に売主も知らなかった瑕疵については賠償責任を負う期間を限定します。

売買契約において売主が一方的に不利になるのを防ぐのと同時に、買主の責任による損失と区別するためです。

不動産の売買などを事業としているマイランドは個人とは違う立場で、第三者による点検によって隠れた瑕疵がない形で販売しています。

行政から営業許可をもらっている事業者としてアフターサービスも実施しており、安心して中古住宅を買えるのが特長です。

より楽しく暮らせる新生活を迎えてみるのがお勧め

主に自分たちが住むために購入する個人は、住みやすいかどうかより好みを優先する場合もあります。

不動産のプロであるマイランドは自社で再販売できる物件であるのかを重視しているので、ターゲットとする層とアピールする点が明確です。

子育てをする家族なら部外者がいなくて広い戸建てが向いているといった具合に、顧客の要望をヒアリングしながら希望条件を満たしている物件を提案しています。

仕入れをする前に徹底的に調べているので、物件情報からご近所の様子まで即答できるほどの情報量です。

マイホームの購入は生涯に1回あるかどうかだから、信頼のおける不動産会社が扱っている物件の中から選びましょう。

問い合わせをするだけで一通りの情報を得られるので、ムダなく行動できます。

急いで次の住宅に移りたい方でも、お得な物件をすぐに購入できるので安心です。

中古住宅は前に住んでいた人がいるので、物件の実態を調べやすい状態です。

戸建てでは町内会などの自治会との付き合いもあるから、敷地が接している隣家や道路をはさんだ向かいの家にどのような住人がいるのかをチェックしておく必要があります。

分譲マンションは管理組合の運営によって将来的な価値が変わるので、必要な修繕を計画的に実施しているのかといった適切な運営であるのかを調査しなければいけません。

全てが新しい新築も素晴らしいですが、隠れている問題点が少なくなっている中古住宅にも様々な利点があることを理解しておきましょう。

流動的な中古住宅の市場では新築より落ち着いて検討できるので、実際に物件を見ながら希望条件を変更していくという柔軟な対応も取れます。

頼りになる不動産のプロから優良物件を紹介してもらい、より楽しく暮らせる新生活を迎えてみるのがお勧めです。

ライフステージに合わせて保障を選ぶなら全労済がおすすめ

共済商品を取り扱う全労済

全労済では人の保障をはじめ、住まいの保障やくるまの補償など多くの共済商品を取り扱っています。

病気やけがに備えたい、自動車保険を見直したいという方は、全労済の公式ホームページを開いてみましょう。

共済商品一覧のページからは保障の種類や商品名、おすすめ商品ランキングなどから選べるようになっていますが、ライフステージに合わせて保障を選びたい方のために新社会人向けや夫婦向けなどいくつかのパターンに分けて共済商品を紹介しています。

今の自分に合った保障を見つけたいと思ったらこちらを参考にするといいでしょう。

小学生や中学生は活動が活発ですから、遊んでいてけがをしたり友達にけがを負わせる可能性もあるでしょう。

また夫婦に何かあった場合の子どもの暮らしも心配ですし、突然の出費にも備えなければなりません。

このような不安をカバーしてくれるのがこくみん共済のキッズタイプです。
病気だけでなくけがによる入院や通院も保障され、子どもに多い骨折や関節の脱臼にも手厚い保障が付いています。

さらに扶養者に万一にも備えられますから、一つの共済で幅広い備えが可能です。

キッズタイプの内容

キッズタイプは月々の掛け金が900円と手頃で満0歳から満14歳までの健康な方が加入できます。

入院日額5000円や最高100万円の損害賠償責任、扶養者である契約者の死亡・重度障がいで350万円など多くの保障が付いて安心です。

高校生や大学生向けの保障を希望する方には傷害安心タイプがおすすめです。

成長のピークを迎えた頃からは賠償とけがへの保障を手厚くしたいと望む方が多くなるでしょう。

学校での勉強や部活動に留まらず、アルバイトや趣味と毎日忙しくなる年齢ですから自転車による事故が発生するリスクも高まります。

こくみん共済の傷害安心タイプは自転車事故を含むさまざまな賠償責任を保障し、最高1億円と高額賠償にも対応しています。

入院と通院の保障は日数ではなくけがの内容に応じた保障が受け取れます。

月々の掛け金は1200円と手頃で、携行品に損害が発生したときは最高で30万円、交通事故や不慮の事故によって長期入院したときは各18万円の保障が受けられます。

新社会人として大人への第一歩を踏み出す方には総合タイプと終身医療5000の組み合わせが最適です。

保障の幅が広いため、さまざまなリスクに備えられます。

全労済では電話やインターネットでも相談を受け付けていますから、自分や家族にピッタリ合った共済商品を提案してほしいときは気軽に相談してみましょう。

あと、オススメなのが「住まいる共済」。従来の火災共済と自然災害共済を合わせた新商品のため、もしも地震が発生して建物や家財が被害を受けた場合には、その被害の程度に応じて共済金が支払われることになっています。
こちらの記事もよく読まれています→住まいる共済地震

スマモバの特徴と注意点について

スマモバとは

スマモバとは、格安SIMのサービスを提供しており、大手キャリアの回線を間借りしてサービスを提供しています。

そのため、通信可能エリアも大手キャリアと同様で広い特徴があります。

ただし、通信速度に関しては、この会社の購入している回線帯域に依存することになっています。

まず、料金プランについては、大きく分けると7つから選択することができます。

特にこのスマモバは、深夜から早朝にかけて高速通信ができるプランと深夜から夕方にかけて高速通信ができるプランが用意されるなど他社とは少し違った料金プランも提供しています。

深夜から早朝にかけて高速通信ができるプランとしては、1時から9時が高速通信時間となります。

それ以外の時間帯は、128kbpsとなります。

高速通信が可能な時間帯は一般的にインターネット回線に空きが生まれる時間ですから仕事上深夜にデータ通信を利用する場合は、より安い価格で利用することができます。

2番目の深夜から夕方にかけてのプランは、1時から17時までの間高速通信が可能になり、それ以外の時間帯は、128kbpsの通信速度になります。

上記の2つのプランは、17時から深夜1時とインターネット回線が一番混みやすい時間帯の速度を下げることで料金を安くしたプランとなっています。

3番目は、もちろん24時間使い放題のプランも用意されています。

ただし、使い放題といっても、3日間の通信が3GB以上のデータを流した場合や一定期間に大量のデータを流した場合は、通信制限を受ける場合があるそうです。

しかし、私もこのプランを利用していますが、滅茶苦茶な使用をしていないためか今のところ制限を受けたことはありません。

4番目は、常時128kbpsのプランです。

こちらのプランは、テキストベースのメールの送受信程度であれば無制限で行うことができます。

しかし、私の経験上動画やネットサーフィンは、かなり難しいです。

5番目は、オートチャージ付きの料金プランもあります。

昔大手キャリアが2段階の定額プランを提供していたのと近い感じの料金プランです。

チャージ可能容量を予め設定することで自動的にその容量まで高速通信が可能になります。

ただし、1GBあたりの価格はかなり割高になっています。

6番目は、一般的なプランとして月間1GB、5GB、25GBプランもあります。

大手キャリアの契約に近く、一番わかりやすい料金体系かもしれません。

しかし、料金を比較するとかなりお得になっています。

7番目のプランとは、よりシンプルな契約でより低価格にしたプランも用意されています。

ただし、契約期間が3年近くになります。

さまざまなオプションが用意されている

また、音声通話が可能なプランであれば、月間398円で1分以内の通話が50回までかけ放題になるオプションや月間850円で1回あたり10分まで何回でもかけ放題になるオプションも用意されています。

かけ放題にプランに加入しなくても専用の無料アプリをインストールし、このアプリから電話をかけることで、おおよそ通常の電話料金から2割引になるサービスも提供されています。

そのうえ、センター受け取りの留守番電話サービスや国際ローミングサービスも通常通り利用できます。

ただし、欠点も2つ程あります。

それは、データ通信に関しては、海外で利用できないこと、大手キャリア契約のように無制限でかけ放題ができるプランがないことです。

しかし、SIMフリーの端末であれば、海外の空港などで販売されているプリペイドSIMなどを利用すれば、ローミング料金よりも安い価格で通信ができます。

さらに、SNSやVOIPを多用する方であれば、通話料金もデータ料金もスマモバで節約することは可能です。

そのため、ローミングのデータ通信ができないや無制限かけ放題がないと嘆くよりも、ものは考えようではないでしょうか。

知っておきたい契約のスタイル

次に、契約のスタイルとしては、SIMだけの契約とスマートフォンとのセット販売が可能です。

店頭でセット契約をする際は、メーカー整備品や新品との抱き合わせ販売が一般的ですが、端末価格はキャンペーンがない限り、私の経験上高めです。

そのため、場合によっては長期の割賦契約をするより、家電量販店などでSIMフリーの端末を購入してSIMだけの契約をした方が価格的に安く抑えることができることもあります。

なお、スマモバのSIMカードの大きさは、ナノ、マイクロ、標準サイズに対応しており、サイズを確認した上で契約すれば、問題はありません。

ただし、キャリアロックのかかった携帯電話での契約は、利用できるか確認する必要があります。

スマモバの公式サイトに動作確認済み端末の一覧が掲載されています。

最後に、スマモバの契約には、データ専用プランや解約する際の違約金など様々な規約があります。

その中には3年契約などの長期契約を条件に月額料金が抑えられるものもあります。

そのため、契約をする際は、きちんと契約書を読むことが重要になります。

安心して加入することができる住まいる共済

住まいる共済について

住まいる共済とは、地震や火災などの自然差災害が起きた場合住まいと家財の保証を受けることができる保険です。

自分の家を持つ場合、あらゆることを想定して保険に加入する必要があります。

その場合、住まいる共済では自分に合った補償内容を選び組み合わせることができるため非常に人気です。

例えば落雷などによる火災に対する補償額は、最高額で6000万円の保証額が出ることになっています。

他にも、暴風雨や竜巻などの風水害による被害の最高保証額は4500万円になっています。

また、今はどちらの地域でも起きているため心配される地震や津波に対する最高補償額は1800万円となっており安心して家を建て長く済むことが可能です。

また、持家に対する補償だけではなく賃貸やマンションによって自分のニーズに合わせて保険に加入することができます。

掛け金によって、安く済ませたい方に対するプランもあり生活スタイルに応じて加入することが可能です。

※参考:https://www.youtube.com/watch?v=R_J4Xt4LFCw

マンションは、戸建てに対して風水害などのリスクが少ないため掛け金が少なく済むメリットもあります。

最低でも、火災や家財に対して補償を設けることで安心して生活をすることができると言えます。

特約をつけることも可能

他にも、隣の家にも火災の被害を掛けてしまった場合の特約保障や盗難による家財被害の特約保障などがあり自分が心配な部分に対しては特約を設けることができます。

掛け金に余裕がある場合や、保障とは別に他にも特約を付けたいという方には非常におすすめなプランだと言えます。

そして、住まいる共済に加入する場合は出資金が必要になりますが最低でも1000円になるため安心です。

住む地域が、風評被害の多い地域や保険の加入を検討している方にはベストな保険だと言えます。

例えば、山の近くにお住いの方には土砂災害に備えた保険に加入したり海の近くに住む方は津波による保険に加入する必要があります。

まずは、加入をする前にファイナンシャルプランナーに相談の上自分に合ったプランを検討することが必要です。

このように、保険と言ってもたくさんの企業があるためすべてに見積もりを掛けることは非常に難しいと言えます。

しかし、知人の紹介などで簡単に済むということから保険に加入するのは損をしている部分も出てくる場合があります。

そういったことにならないためにも、住まいる共済でのさまざまなプランは自分に合ったものを組み合わせることができるため非常に安心だと言えます。