c0banは日本生まれの仮想通貨

仮想通貨と言えば、海外発祥の銘柄が有名で、知名度と共に使える場所が広がっています。

優れた仮想通貨の開発は、日本勢も決して負けていませんし、特にc0banという銘柄は新進気鋭の中でも注目の的です。

c0banの特徴は、セキュリティテストで大手銀行や証券会社並と評価され、安全性で安心感を高めている点が挙げられます。

また、高いレベルのセキュリティーをベースに、全てのサービスが一つの登録情報で利用出来るように作られているので、利便性の面もまた優れているのが魅力的です。

一方では、先行する仮想通貨の欠点を踏まえ、同時にブラッシュアップで使い勝手を高めている部分も評価に値します。

決済の取り引きに使う鍵を、複数に分割して不正を防いでいますから、安全性は最早トップクラスと考えることが出来るでしょう。

 

更に、取り引きの際に発行される証明書には、一般に使われる平均的なものではなく、信頼性を高めた拡張版が採用されています。

厳しい審査機関が、客観的c0banの信頼性を認めているので、始めて使う人も安心して取り引きを開始することが可能です。

日本初のサービスなので、取り引きを行う公式ページは日本語で表記されています。

サポートの窓口でも、対応は原則的に日本語ですから、問い合わせも不安なく行えると考えられます。

 

現在は、日本円とc0banの交換サービスがリリース済みで、将来的にはBTCとも交換が行える予定です。

為替の変動情報はリアルタイム性が高いので、常に最新の情報を参考に、安心して売り買い出来る点が優れます。

知名度だけは、大手に比べると後発なので一歩譲りますが、国内では既に名前が話題に出始めています。

今後、普及によって世界規模に発展する可能性がありますから、今から購入を検討して所有を考えることをおすすめします。

 

c0banの今後の展開予想

今の所、c0banの交換は日本円と2通貨間の双方向ルートだけですが、やがてBTCとの交換が開始されるので、知名度やシェアが拡大する余地が十分にあるでしょう。

新しい仮想通貨に興味を持って、この通貨の保有を考える場合は、取り引きの始め方に注目して理解を深めることが大切です。

取り引きで必要になるのはまず、新規の無料会員登録と、個人認証の流れの二つです。

前者は直ぐにでも始められますし、数ステップと数分間の手続き作業だけで、晴れてc0banの会員になることが出来ます。

逆に、後者は安全上の理由で必要ではあるものの、本人確認書類を用意して始めるだけと手続きは簡単です。

通常は、数日から1週間後には認証が完了するので、会員登録の後には少ない待ち時間で正式会員に昇格します。

今後のロードマップには、他の仮想通貨と相互取り引きの実現、そして世界規模のシェアの拡大が控えています。

 

提供が始まっている円からの交換、あるいは円への交換では、為替相場と同じ感覚で取り引きが行える、成り行きや指値注文にも対応済みです。

しかも、従来の仮想通貨と同様に、マイニングで通貨を獲得することも可能ですから、使い勝手はもう世界クラスだと言っても過言ではありません。

英語圏が主流でこれまで手を出しにくかった仮想通貨は、日本主導の通貨の登場によって、流れや今後の発展性が変わりつつあります。

日本人にとっては、母国語で取り引きが行えたりサポートが受けられますし、世界的な仮想通貨の取り引きを始める足掛かりにもなるので、日本製の仮想通貨の登場は大歓迎でしょう。

 

アプリやウェブブラウザでの取り引きにも対応

パソコンだけでなく、スマートフォンアプリやウェブブラウザでの取り引きにも対応しますから、本格的な投資先として検討出来たり、可能性を秘めている仮想通貨だといえます。

取り引きシステムは、現行状態でも完成度が高く、経営母体の企業には高い開発技術力と信用に足る安心感があります。

企業の構成員は日本人が中心で、技術に留まらず発想も日本的ですから、これまで他になかった仮想通貨の発展可能性に期待出来ます。

日本初の仮想通貨に興味を持った、でも安心して取り引き出来るか不安という場合は、企業が発信する情報に触れたり、度々開催される講演会に参加することがおすすめです。

企業情報は写真付きで働く人の顔が見えますし、講演会は代表者自らが壇上に立って濃密な情報を提供しているので、企業やサービスの魅力を伝えようと努力していることが分かります。

 

今はまだこれからの段階でも、努力と挑戦の意志は強く伝わりますから、今後に掛けて投資を検討する価値があるでしょう。

経営企業が思い描く将来は、送金手数料を10分の1レベルまでに抑えたり、スマートフォンを振るだけで送金が完了する未来です。

お金を必要とする相手に、1円単位で簡単に送れる未来を描き、それを世界規模で実現しようとしています。

このような志を持つ企業や経営者が登場したことは、日本にとって歓迎すべきですし、誰にも強い志を邪魔する資格はないはずです。

仮想通貨で実社会とインターネットの融合を目指していますから、今まさにお金のあり方や人々の生活を変えようとしている、そういった企業が提供するサービスだと理解出来ます。

(参考:c0banより)