上京する前に新生活を快適に過ごすための物件探し

1,最近では引越しのサービスが充実

郊外の地域よりも都会の街の方が便利です。また地元の街では通いたい学校や働きたい職場がない、といった理由から上京する若い世代の姿があります。東京や大阪などの地域の方が大学や専門学校、そして企業のオフィスが豊富です。

引っ越しのサービスが近年とても便利になりました。年中いつでも低価格で利用可能です。若者一人暮らしの荷物であれば、非常にリーズナブルな価格で依頼可能ですので、気兼ねなくお願い出来ます。

進学や就職活動を契機に故郷の街を離れる大学生や高校生の姿も目立ちます。ひと昔前は若い世代の経済力だけで、都心部で一人暮らしをするのは大変でした。

ところが現代では便利なマンスリーマンションやアパートがあります。物件の数自体がここ数年で劇的に増えています。持ち家を東京や大阪で大学生や新社会人の方がいきなり持つのは大変です。

しかしマンスリーマンションやアパートなら毎月安価な家賃を支払うだけです。

物件探しはインターネットを通して進められます。地元の不動産情報なら街のお店に行けば聞けます。しかし東京や大阪といった故郷から遠く離れた土地の場合、いきなり足を運んで相談をするのは困難です。

そのため先ずは自分でネット検索で色々と情報を確認し、比較検討を重ねましょう。家電製品の比較検討と基本は同じであり、スマートフォンやタブレットを取り出して、色々な物件を見ていき、気になる物はキープしていき、キープした物同士を突き合わせて比べましょう。

2,譲れない条件から物件を探し

同じ地域のアパート物件でも、微妙に家賃や設備は異なります。基本的にアパート物件も家賃が高い程、便利で快適な住まいです。ランニングコストが高くなるのはネックですが、駅までのアクセスが良好な方が快適に過ごせます。

近くに便利な商店街があったり、コンビニエンスストアやショッピングモールがある方が生活の品々を調達しやすいです。ネット通販が便利な時代といっても、普段の食事や料理の食材はやはり自分の目で見て、近くのお店で買えた方が楽でしょう。

家賃を低く抑えるためには、少し街の中心地から離れたスポットをメインに物件探しをすべきです。駅前の一等地はマンスリーマンションやアパートでも値段がお高めであり、節約を意識なら徒歩10分から30分程度の円範囲まで広げて物件探しをして、住宅地や都市部でも自然の残る一帯の住まいを見つけてみましょう。

通勤通学にやや時間は掛かりますが一等地と比べて家賃の額が非常にお得です。不便とは言っても、都会の街であればバスが駅まで走っていますし、自転車を購入すれば徒歩30分位かかる道もスピーディーに移動出来ます。

間取りがコンパクトなワンルームマンションであれば、比較的駅に近くても値段はお手頃です。ファミリー世帯での入居には不向きですが、いわゆる若い男女の一人暮らしであればワンルームタイプでも不便さはゼロです。

むしろコストパフォーマンスが良好ですし、部屋が良い意味で狭い方が掃除やインテリアを考えるのが楽になります。

3,物件探しの際にチェックすべき点

物件探しをする際にチェックしたいのが、室内の設備についてです。今のアパートやマンスリーマンションではお風呂やトイレなどの設備が基本的に最初からついています。しかし念のために確認しておいて損はありませんし、あえてお風呂やトイレが共同の住まいを選ぶ事で、月々の家賃を節約する、といった対策も出来ます。

トイレは必要だが、お風呂については近くのスーパー銭湯を利用するのでなくても平気、そういったケースもあるでしょう。

賃貸物件の中には最初から基本的な家具と家電がなんと備え付けになっている場所があります。

新生活をするのにあたり、今までは当然ですが自腹で家具や家電を一式揃えなければいけませんでした。はじめから電子レンジや洗濯機、テレビやクローゼットやテーブルが揃っている物件をチョイスすれば、それらの製品を買うのに必要だったお金を丸々節約出来ます。

実家から古い家具や家電を持っていくよりも新しい新型の物が最初から備え付けになっている物件の方が便利ですし、コストパフォーマンスも良好なので優先的に物件探しの時に意識したいものです。

インターネット回線の有無も物件探しの時にチェックしたい項目です。無線LANがあるのか、それとも有線LANなのか、それとも元々インターネット回線が無いのか、事前によく確認しておきましょう。

築年数が古いアパートの場合、ネットの開通工事が出来ない事もがありますので要注意です。

不動産会社のマイランドは「はじめからWi-Fiの設備が整っているアパートやマンションなら入居した後、快適にパソコンやスマートフォンやタブレットをオンライン化させられます。テレビや固定電話も大事ですが、今日の社会生活を意識するとWi-Fiや有線LANの設備の有無がより大切です。」と言っています。

他にもペットの飼育がOKなのか、自転車やバイクの駐輪場は敷地内にあるのか、住まいのセキュリティ対策はどうなっているか、そういった点も比較の際に気を付けたい事項です。

※マイランドについて詳しくはこちら→マイランドでの物件購入の流れ

マイランドでお得な中古住宅を見つけてみよう

マイランドについて

不動産は古いから価値が低いとは限らず、新築の時から定期的なメンテナンスを怠らなければ一定水準で安定します。

さらに、適切なリフォームによって傷んでいる設備を入れ替えることで、築年数が古くても高い価値がある物件として再デビューできるのです。

新築であることを条件から外してみれば、不動産選びの選択肢が一気に増加します。

ハウスメーカーがブランドとして建てている住宅などは確かに魅力的ですが、手入れが行き届いている中古にも住み心地のわりに安価というメリットがあります。

急いで購入する必要がなく、豊富な選択肢の中からじっくり選べる点も中古住宅ならではの長所です。

買主の立場では、気に入った物件を見つけた時に初めて考えるぐらいでも間に合います。

とりあえず目をつけた物件の周辺を自分で下見してみることも、すでに完成しているので簡単に行えます。

マイランドは独自に付加価値をつけた中古物件を取り扱っており、予算に応じて満足度が高い住宅を提案できる不動産会社です。

自ら仕入れた物件をリフォームしてから再販売しているため、購入希望者のイメージ通りになっているケースが多く見られます。

不動産のプロが自社で販売する商品として仕入れを行っているので、個人では分からない専門的な知識や色々な関係者から入手した情報によって見極めているのです。

仲介においては法律による説明の義務はあるものの、不動産会社は中立の立場で原則的に買主と売主の間で完結します。

所有している不動産を売却する売主という立場で売買契約を行うマイランドは、当事者として深く関係することでスピーディーに良質な物件を提供しているのが現状です。

マイランドを選ぶメリットとは?

中古住宅では購入後のリフォームが必須であり、入居する前に家族が快適に暮らせる空間に調整する事例がよくあります。

顧客にとって役立つ不動産を販売しているマイランドなら、価値に対してリーズナブルな価格だから住宅ローンを圧縮することでライフプランを有利にできます。

住宅ローンを早期に完済できれば、その後の人生を自由に過ごせるのが魅力的です。

プロが自信を持って販売している物件とあって、多くの方が相談に訪れています。

不動産会社では物件の買取も行っているので、住み替えとしてあまり追加の出費をせずに優良物件へ引越しをすることが可能です。

中古住宅は先着順で売買が成立していくから、早めにマイランドに相談するのが住み替えを成功させるコツとなります。

個人間の不動産の売買では、契約時の重要事項の説明で納得したら後から責任を追及するのが困難です。

明らかに告知義務に違反していたケースは除いて、一般的に売主も知らなかった瑕疵については賠償責任を負う期間を限定します。

売買契約において売主が一方的に不利になるのを防ぐのと同時に、買主の責任による損失と区別するためです。

不動産の売買などを事業としているマイランドは個人とは違う立場で、第三者による点検によって隠れた瑕疵がない形で販売しています。

行政から営業許可をもらっている事業者としてアフターサービスも実施しており、安心して中古住宅を買えるのが特長です。

より楽しく暮らせる新生活を迎えてみるのがお勧め

主に自分たちが住むために購入する個人は、住みやすいかどうかより好みを優先する場合もあります。

不動産のプロであるマイランドは自社で再販売できる物件であるのかを重視しているので、ターゲットとする層とアピールする点が明確です。

子育てをする家族なら部外者がいなくて広い戸建てが向いているといった具合に、顧客の要望をヒアリングしながら希望条件を満たしている物件を提案しています。

仕入れをする前に徹底的に調べているので、物件情報からご近所の様子まで即答できるほどの情報量です。

マイホームの購入は生涯に1回あるかどうかだから、信頼のおける不動産会社が扱っている物件の中から選びましょう。

問い合わせをするだけで一通りの情報を得られるので、ムダなく行動できます。

急いで次の住宅に移りたい方でも、お得な物件をすぐに購入できるので安心です。

中古住宅は前に住んでいた人がいるので、物件の実態を調べやすい状態です。

戸建てでは町内会などの自治会との付き合いもあるから、敷地が接している隣家や道路をはさんだ向かいの家にどのような住人がいるのかをチェックしておく必要があります。

分譲マンションは管理組合の運営によって将来的な価値が変わるので、必要な修繕を計画的に実施しているのかといった適切な運営であるのかを調査しなければいけません。

全てが新しい新築も素晴らしいですが、隠れている問題点が少なくなっている中古住宅にも様々な利点があることを理解しておきましょう。

流動的な中古住宅の市場では新築より落ち着いて検討できるので、実際に物件を見ながら希望条件を変更していくという柔軟な対応も取れます。

頼りになる不動産のプロから優良物件を紹介してもらい、より楽しく暮らせる新生活を迎えてみるのがお勧めです。