お盆の起源と道具の豆知識

お盆の起源とは?

日本の夏の風物詩とも言えるお盆、その元々の起源は仏教用語の盂蘭盆と道教の中元が融合した結果だと言われています。
前者は正確にはサンスクリット語の「ウランバナ」を意味しており、ある伝承から語られる哲学的な概念だそうです。

お釈迦様の弟子のなかに目連という僧侶がおり、彼は修業の果てに何でも見通せる神通力を会得しました。
そんな目連はある日、その神通力で自分の母親が死後の世界で餓鬼道に堕ちて苦しんでいる事を知り、師であるお釈迦様に母親を救える方法を請います。

そこでお釈迦様は「布施や供養を僧侶を始め、大勢の人間に施すように」と教え、その教えに従ったところ母親は目連の功徳のおかげで救われたという伝承です。

一見すると現在のお盆に通じるところがありますが、実のところ「ウランバナ」とは「逆さ吊りの苦しみ」という意味だとされています。
つまるところ祖霊を敬う意味は当初はなかったわけです。

道教の中元の影響だという説がある

それが現在のように変化したのは道教の中元の影響だという説があります。
道教とは仏教と儒教と並ぶ中国においては尊ばれている宗教の1つで、中元はその道教で様々な罪が許される特別な日です。

現実的には世話になった人に贈り物をする日でもありますが、元々は死者の罪さえも許される日という意味合いが重要視されました。
中国では祖霊を敬う意識が強く、そのため目連の伝承が中国で変化して現在のお盆の原型になったのではないかと言われています。

いずれにしても中国で生まれた行事はそのまま日本の祖霊信仰と結びつき、現在に至るまで続いているわけです。

日本のお盆では様々な道具や花を飾る

そんな日本のお盆では様々な道具や花を飾ります。

例えば新盆提灯、これは故人を初めて迎える最初のお盆こと新盆で用いられる提灯で軒先や縁側、あるいは仏壇の前に吊るして火を灯す事と新盆でしか用いない事が特徴的です。

それからこの時期になると目にする馬や牛に見立てた胡瓜と茄子の置物もとい精霊馬はそれぞれに願掛けがかけられています。

馬である胡瓜には迎え盆のための乗り物で、足の速い馬に乗って早くあの世から帰ってきますように」という願いが込められており、反対に送り盆のための乗り物である牛の茄子は「足の遅い牛に乗って、のんびりとあの世に戻っていきますように」や「たくさん贈ったお供え物を楽に持っていけますように」という願いに基づいて作られたのが始まりです。

他にも乗り物として有名なものはお供えの花である蓮で、これは蓮の花を船に見立てています。

携帯電話を修理に出す時

林田学さんも悩む携帯電話の修理

大昔の話しですが、携帯電話(ガラケー)を使用していた頃ですが、欲しいガラケーの新機種が出たので高いお金を出して機種変更をしました。
今思うとその代金自体、とてもじゃないけど考えられないような額ですが・・・。

新しいガラケーを使用を開始して一ヶ月も経たないうちに、画面に黒い線が入るようになり、すぐに機種変更をした支店に行きました。
一ヶ月も経たないうちに故障したのだから、無償で修理してもらおうと思っていたのです。

自分の認識ではガラケーの初期不良だと思っていました。
しかし支店の窓口で相談をすると、修理をするためにはお金がかかると言われてしまい非常に驚きました。

何年も使ってこの症状が出るならまだしも、たった一ヶ月の使用で画面が壊れる携帯電話なんて聞いたことがありません。
しかし高いお金を出して機種変更したばかりなのでこのまま解約するのも口惜しく、しょうがないので修理費の5,000円を出して液晶を修理してもらいました。

ちなみに窓口の人のえらそうな態度もすごく感じが悪かったです。
せめてもう少し申し訳そうな態度をとってくれれば、「仕方ないな」で諦めもついたかもしれません。

そっちの使い方が割るいんでしょみたいな態度はあまりにも酷いと思いました。
忙しいのはわかりますが、女だからなめられたのかなと思って哀しくなりました。

私の知り合いの林田学さんも携帯ショップの店員さんには何度か腹が立ったことがあるそうです。
けっこう気が長い林田学さんですら、、、、ですからね。

しかし、現在はどの携帯会社も窓口の人の態度は大分マシになってきたと感じています。
むしろ窓口の職員に対して大分教育などが行き届いていると感じています。

そのときはあまりに腹が立ったので、その支店の窓口には二度と行っていません。

絶対に初期不良の製品だったはず!

それから8年以上もその同じ携帯電話の機種を使用したのですが、この手の故障は一切ありませんでした。
この点からも絶対に初期不良の製品だったと思います。

日本の携帯電話は優秀ですし、大事に使用すれば非常に長く使える製品なのです。
これらの一件は今思い出しても、本当に腹が立った出来事でした。

しかも修理をした際にメモリー系は全部消えてしまい、前に使っていた携帯のバックアップからなんとかそのときの情報は復活はできたものの、新しいガラケーにしてからお金を使ってダウンロードした着メロなどはパーになってしまい、修理金額以外にも結構なお金がかかってしまったのですごく嫌な思い出になっています。

もちろん新しいガラケーで撮りためていた写真なども全部消えました。
それからしばらくして世の中でスマートフォンが流行り出したとき、今使用しているガラケーから機種変更して新しくスマートフォン機種変更しようかなとも思いましたが、この過去の一連の故障事件で嫌な思いをしたことを思い出したので、別の会社からスマートフォンを購入しました。

このガラケーは一番安い料金プランに変更して、ただ無料で家族内で電話できるだけの携帯電話に格下げにしました。
結果的にスマートフォンで電話しづらいともともと思ってはいたので、2台持ちは今でも続けています。

月々300円払って故障の補償に入った

またスマートフォンを購入したときに、色々な補償内容のオプションがあり、ガラケーのような初期不良のものをつかまされる可能性があることから、月々300円払って故障の補償に入りました。

でも最大でも5,000円の負担はかかるそうですが、ガラケーよりも故障を直したら金額が高そうだし、元値も高価なものなのでまあ月々に300円くらいならいいかなと思いました。

2年間同じスマートフォンを使用するとして、単純計算で毎月300円×24ヶ月で7,200円になります。
この金額が高いと思うか安いと思うかは、人それぞれなのかなと思いました。

中には機種変更した翌日などに落としただけでスマートフォンの液晶が割れてしまったような知り合いもいるので、いつ自分にも同じことがふりかかるかわかりませんから、不足の事故に供え、安心のためにも加入しておいた方がいいと私は思っています。

とくに某機種に関しては、携帯電話会社でアフターケアを受けることができずに、その機種の会社じたいに持ち込まなくてはいけないとのことで、聞くところによると来店予約を取るのにも一苦労なのだとか。

幸運なことにスマートフォンの故障などにはまだ当たったことがないので、苦労しないためにもこれからも大事に使用したいと思っています。
しかし携帯の初期不良だけは、本当にこちら側としてはどんなに気をつけていてもどうしようもないのでやめて欲しいです。

携帯の初期不良の場合は携帯会社が非を認めて無償で交換して欲しいと思います。
こればっかりは運次第なので初期不良に当たらないことを願うしかありません。

避けるためのポイントとしては、発売されたばかりのスマートフォンの機種はすぐには買わないこと、しばらく様子を見ることなどで少しは避けられるかなと思っています。

でも新機種がいち早く欲しいのが人間の性なので、ここらへんのさじ加減は非常に難しいところです。