会社経営のやり方は時代と共に環境に適応へ

1.時代とともに経営の仕方も変わっていくべき

会社経営のやり方は、時代と共に移り変わらなければいけません。
歌舞伎や相撲や野球など、みんなが伝統的な世界だと思っている分野も、実は時代と共に修正と改善を重ねて受け継がれて来ました。

一つのやり方に固執して伝統や文化を引き継ごうとしても、途中で継承は失敗するのが古今東西の常識です。
ただ日本人経営者の間では、悪い意味で伝統主義にこだわってしまう方々が多いのも現実です。

真の伝統とは、時代と共に形を変えながら受け継がれていく物であり、歌舞伎や相撲は江戸時代の頃からありましたが、今現在の形と当時のスタイルと全然違っています。

創業者の思いを大切にする事は良い事ですが、創業者の方が作り上げた会社経営のマニュアルが今現在の環境に合っていないにも関わらず、使い続けるのは非合理的な事になります。

会社経営の舵取り一つで、企業の明暗は分かれるため、当たり前ですが最高責任者である経営陣の責任は重大です。
オフィスのIT化を賢く進める事が、今後の会社経営の成功と失敗を分ける鍵となります。

2.アナログな職場環境のオフィスは業務効率が悪いまま

旧態依然としたアナログな職場環境のオフィスでは、スタッフの業務効率が悪いままです。

他の企業がIT化を実施し、労働の効率化と働き方改革を実現しているにも関わらず、自社だけが悪い意味の伝統と社内文化にこだわり続ければ、業績で差をつけられるのは必至です。

事務作業の大多数がコンピューターで処理可能です。

手書きの書類だと業務の効率化が捗りませんし、各スタッフが独自の形式で文書作成をすると、再びフォーマットを統一しなければならず仕事が無駄に増えます。

最近は大企業だけではなく、中小企業や個人経営のお店もまたデジタル機器を積極的に導入しています。
ただ一方で紙の書類とデジタルの文書が混在したオフィスが増えてきており、二つの規格が現場で混じり合っていると返って混乱が増えます。

3.可能な範囲まで文書のデジタル化を推進させるべき

紙の書類は管理するだけでも、コストと場所が必要です。
既にデジタル化を進めているようであれば、可能な範囲まで文書のデジタル化を推進させた方が、会社経営に掛かる無駄を削れます。

過去に作成した物はスキャナでデジタル化する事が出来ます。
データで保存すれば、倉庫が広くなりますし、セキュリティ対策の面でも安心です。

企業のサーバに様々なデータを統合すれば、災害や盗難や紛失などの被害にも強くなります。
社内に独自のクラウドとネットワークを整備する組織が増えてきました。

各スタッフが自分のパソコンで作成した物が、社内ネットワークを通して一つのクラウドに、迅速に登録できるような仕組みを作れば、業務効率化が図れます。

更に部署やチームを超えて、大事な情報がリアルタイムで統合されるため、横のつながりが自然と生まれ、異なる分野でのシナジー効果が期待できます。
IT化で労働時間が短くなれば、社員の福利厚生も捗ります。

労働現場の改善は、若い社員の獲得にも最適です。
更に有能な人材の社外流出を防ぐ事にもなります。

 

※資金調達に関して
https://shikinguide.com/guide/