みんなで大家さんなどの投資信託について

10年近く前から投資信託をチョコチョコ買っているのですが、いまだにどれが上がりそうで、どれが下がりそうかまったくわかりません。

最初は農業関連がこれからは伸びるのかな?と思って農業関係の投資信託を買ったのですが、すぐに値下がりをしました。

世界人口は増えているのだから農業は盛んになっているはずなのにどうして?と思って目論見書をよく読んだらば、世界的な種子メーカー(遺伝子組み換えの種を売っているところ)や農薬メーカー、化学企業なんかが入っていて、どうも世界の農業を応援しているわけではなさそうでした。

農地が増えても、伝統的な農法をしていたらこの投資信託には関係ないわけです。

この失敗で、目論見書はきちんと読まなきゃだめだということに気づいて、いろいろな投資信託のものをよんでみたのですが、てんでわからない。

目論見書に書いてある企業を全然しらないし、ましてや企業の業績なんてわからない。

そんなに時間もかけられないので、目論見書を読んで買う方法はあきらめました。

で、どうしたかというと、人気ランキングをみて上位のものを買っていくという方法です。

私よりも知識も時間もあるひとが選んだものはきっと正しいだろう、という戦略です。

これは結構当たりました。市場全体が上げムードだったこともあり、プラスで売ることができました。

配当も結構つき、確かにみなさんいいものを選んでいるなあと感心しました。

ただ、まったく面白くなかったです。

そして、自分が分かって選んだものではないので、上がり下がりの予想ができず、市場の波に乗って適当に売り買いしている感じでした。

最後に行き着いたのが長期投資でした。

投資信託のよしあしは結局投資先を確認するしかなく、それには結構な時間がかかるので、難しい。

隙間時間にちょこちょこ調べられる量ではなかったです。

それに、個別企業のよしあしが分かっちゃったら、その時点でそこの株を自分で買えばいいじゃん、と思ったんです。

投資会社をある程度信用するしかないのだな、と腹をくくって、信用できそうな会社を探し出し、そこに少しずつ積み立てていくことにしました。

長期で考えれば短い期間での上がり下がりは気にする必要はないし、たとえ、一時的にマイナスになっても信用して預けていこうと考えています。

株式投資とくらべて投資信託はどうももやもやしているというか、うまく自分で判断できない部分があります。

日経平均に連動しているものとかは選びやすいけれどあまり面白みがないし、投資会社ももう少し個性的なファンドを作ってくれたらなあと思っています。

たとえば子育て関連企業に投資するものとか、文化事業にチカラを入れている企業を応援するファンドとか、保育所を併設している企業限定のファンドとか、お金儲けだけじゃなくて、企業を応援する気持ちを受け止めてくれるものが欲しいんです。

値下がりしたときもどんと構えて持っていられるような、愛着のわくファンドがたくさん出てきて欲しいです。

最近はみんなで大家さんに投資しようかなと考えてます。

 

※参考リンク
みんなで大家さん 評判