システムエンジニアの仕事とは?

システムエンジニアという職名を良く聞きます。

通称「SE」。

具体的には、どんな事をやっているかのかを簡単に御説明したいと思います。

システムエンジニアとは突き詰めて言うと「コンピュータシステムの設計をする」のが仕事です。

そして大きく「制御系」と「業務系」の2種類に分かれます。

・制御系SE

制御系SEは機械制御のシステムを設計するのが仕事です。

近頃、話題の「自動運転システム」、またゲーム作成やロボットを動かすシステム(プログラム群)を設計するのが主な業務です。

地味な所では家電に組み込まれているタイマー制御(時間になったらスイッチが入る、切れる等)や一定の温度になったら止まるエアコンなんかも制御系SEが設計したプログラムによって動作しています。

制御系システムは「機械が一定の動作をするように」プログラムから指示を出して制御しますので対象となる機械によりプログラムの内容は異なります。

ですので制御系SEはプログラムの知識だけでなく制御対象となる機械についても熟知していなければなりません。

つまり制御系システムはプログラムとハードウェアの両方の知識が無いと作れないのでSEの中でも専門性が高く、また使用するプログラム言語も最終言語である「マシン語」に近いアセンブラという言語を使う事も多いので通常のプログラムより難易度が高くちょっとプログラムを勉強した程度ではなれません。

制御系SEの多くは理工系の大学や専門学校を出て機械メーカーに就職した人達で「一般募集」がかかる事はほとんどありません。

・業務系SE

よくSEで「未経験可」で一般募集がかかるのは、こちらの方です。

業務系SEは「顧客の会社が業務の為に使っているシステム」を設計するのが仕事です。

通常の会社業務は現在ではシステム化されている所がほとんどでそれらのシステムを作ったり面倒をみたりするのが業務系システム
のSEの仕事です。

ですので業務系SEは「業務知識」が求められます。

対象としている業務内容によって色々なシステムがありますが代表的な物は以下の通りです。

「販売在庫管理システム」
注文の受注から発送までを管理するシステム

「生産管理システム」
製品作成を管理するシステム

「人事管理システム」
社員の給与・賞与や勤怠を管理するシステム

「経理管理システム」
会社の決算業務を管理するシステム

業務システムは制御システムとは違い相手が「人間」である、というのが制御系と大きく違う所です。

ですので顧客とのコミュニケーション能力も重要になってきます。

一方、ハードウェアは既存の物を使用するので専門知識はあまり必要ありません。