投資の初心者には頼もしい投資顧問会社

投資について

海外では資産家だけでなく、一般層も様々な手段で投資を行い、資産を殖やすのが当たり前です。

しかし、日本人の一般層はリスクのある投資には消極的で、ほぼリスクのない銀行に預ける選択ばかりです。

日本国内で投資を積極的に行うのは、失敗しても資産に余裕のあるお金持ちだけというイメージがあります。

ですが、近年では日本国内でも投資に対して、イメージが徐々に変化しています。

投資のイメージが変化している理由は、少額から始められる仕組みができたからです。

少額なら、たとえ失敗してもリスクは少ないです。

銀行にお金を預けても増えるのはわずかなので、多少のリスクは犯しても投資にチャレンジする人が増えています。

年金問題から将来に対して不安を持つ人も多いので、今後も投資を始める人は増えていくでしょう。

しかし、リスクの小さな投資法と言えども、できるだけ少なくしたいのは当然です。

本格的に投資に挑戦するなら、一人では心細く感じる人もいるでしょう。

投資顧問会社の概要

そんな人におすすめなのは、投資顧問会社です。

投資顧問会社とは、顧客に対し投資のアドバイスを行う会社です。

アドバイスを行うのは、投資のプロである専門家なので、これから投資を始める人には頼りになるでしょう。

投資顧問会社に関する情報は、ネットで検索すればいくつも見つかります。

しかし、初めて利用を考えている人は、多すぎて選び方が難しいです。

適当に選んで決めてしまうと、プロのアドバイスも役に立ちませんし、参考にならない情報を手に入れることになりかねません。

役立たないアドバイスは、投資のリスクを上げることに繋がるので、適当に決めてはいけません。

投資顧問会社を決めるときに役立つのは、無料で提供されている情報です。

メルマガに登録したり、公式サイトの一部に無料で読める情報が掲載されているので、まずはこうした無料情報を集めるところから始めましょう。

無料で情報を入手したら、信頼できる内容か確認して下さい。

実際に無料情報のとおり投資をしなくても、結果を見ることによって信頼性を見抜くことはできます。

情報の信頼性が高いと感じたら、投資スタイルを見極めましょう。

投資顧問会社がアドバイスする内容と、自身の投資スタイルが合致しなければ意味がありません。

プロのアドバイスを最大限に活かすためにも、投資スタイルが合致することも大切です。

投資スタイルが合致する信頼性の高いプロのアドバイスなら、投資を成功に導いてくれるでしょう。

マーチャントブレインズ投資顧問株式会社とはどんな会社?」より引用

LastRootsのc0ban(コバン)とは

新たな仮想通貨として誕生したc0ban

新たな仮想通貨としてc0ban(コバン)がサービス開始されています。

運営・管理を行なっているのはLastRoots(ラストルーツ)で、海外市場向けの仮想通貨システムを提供している会社です。

コバンと同時に配信されているのが「c0ban広告」で、従来の広告とは一線を画した利便性を備えています。

そのコンセプトとしては、企業とユーザーを直接結びぶつけることにあり、コバン広告を利用することでユーザーはコバンを受け取ることができます。

従来型広告では、広告主である企業が自社の広告を動画などで配信して終わりでしたが、コバン広告ではコバンを通じて情報のやり取りができるわけです。

それを可能にしているのがマイクロペイメントシステムで、ブロックチェーンテクノロジーを活かすことで実現できたシステムになっています。

ラストルーツでは、ブロックチェーンテクノロジーに豊富な実績と高いスキルを有しており、安全性の高い仮想通貨システムを構築しています。

ブロックチェーンテクノロジーについて

仮想通貨コバンの根幹をなすブロックチェーンテクノロジーは、分
散型台帳技術とも称されており、分散ネットワーク技術による相互承認システムになっています。

取引履歴を全員で共有することで、相互に監視しあえるのが特徴です。

これにより、全ての取引履歴が残せるので、不正なアクセスや取引を防ぐことができます。

新たな取引情報に関しては、常に更新されてくるので、何時でも最新の履歴を参照することが可能になります。

これらの取引は、ノードと称されるコンピューターで管理されることになり、世界中に膨大な数のノードが存在します。

それらが相互通信を行いながら、情報の正確性を常に確認しているので、少しでも異なったデータが流通すると直ぐに分かるわけです。

コバン広告の利用法としては、専用サイトのプラットフォーム上に、広告主の動画広告など配信されます。

それを同サイトに登録済みのユーザーが閲覧すれば、設定されたコバンがユーザー側に支払われることになります。

企業側のメリットとしては、ユーザーの囲い込みができることで、ユーザー情報の取得とあわせて、的を絞ったマーケット戦略が立てられます。

また、位置情報システムと連携したプロモーションサービスも視野に入れられており、ユーザーの購買動向なども分かるようになります。

そして、ユーザー側としても、コバンを実際の店舗で利用することで、付加価値的なサービスが受けられるようになり、購買動機が高まるようになります。

利用されたコバンは企業側に情報として戻るので、広告費の削減にもつながると言えます。

LastRoots 評判

家計の負担を軽減するにはエスコシステムズの利用がおすすめです

■活用したいエスコシステムズ

一戸建て住宅に住んでいる方ならば、光熱費を含めた住宅の維持費用が気になってしまうことがあります。

電気代やガス代など様々な項目がありますが、一戸建て住宅では家族の人数も多い傾向にあるので、毎月の出費が大きくなってしまうことが目立ちます。

そんな中、現在では上手く節約を行う方法もあり、エスコシステムズのようサービスを利用することにより、最適な環境を持つ住宅にすることができます。

オール電化住宅が人気

提案可能な内容は豊富にあるのですが、その中でも注目される内容にはオール電化の住宅にする内容も人気があります。

オール電化の場合では電気代が大きく掛かってしまうことになりますが、エスコシステムズでは太陽光発電を設置する方法を提案しています。

住宅の屋根や敷地部分、カーポートの屋根などにソーラーパネルを設置して、蓄電池を取り付ける方法で、自然に発電された電力を住宅内で使うことができるシステムです。

■エスコシステムズをとり入れるメリット

給湯器に関しても大型のタイプで高機能な節電タイプを導入する方法も提案されていて、電気で動かすことができるタイプを使うことが一般的です。

オール電化の場合では、ガスを使わない住宅にすることが一般的で、灯油も使わないことが基本です。

そのため、ガスコンロはIHタイプに変更する内容、暖房機器についても電気式に交換を行う方法で、大きく光熱費を節約することができます。

このようなエスコシステムズで提案している施工を行うことに関しては、イニシャルコストが大きく掛かってしまうことを不安に感じる方もいるのですが、実際には施工後に光熱費を安くすることに成功できるので、目立った負担を感じることが無いシステムとして使うことができます。

保証やアフターメンテナンスも充実

メンテナンスや保証に関しても充実したものを用意しているので、利用者は安心できるメリットがあります。

太陽光発電を導入した住宅の場合では、発電された電力を無料で使うことができるので、実際に電気料金を大幅に節約することに成功できます。

また、余ってしまった電気に関しては、お住まいのエリアを管轄している会社に買取りを依頼することもできるので、非常に無駄がなくお得な方法として使うことができます。

数年間が経過するとイニシャルコストを回収することができ、プラス収支に転じることが多いものとして使うことができるので、メリットの多いシステムになります。

太陽光発電の場合では、有害な物質を一切出さずに発電できるメリットも大きなものがあります。

住宅に対しても断熱をしっかりと施す方法で、エスコシステムズの提案する施工を十分に発揮させることができます。

税理士の魅力と苦労する点について

税理士の仕事には、多くの魅力があります。

一つ目は、「出会いの機会が多い」。

個人および法人が取引先となりますが、その中には細々と農家を営んでいる人もいれば、地元で名が知れている企業の社長もいます。

実に、いろいろな人と知り合うことができます。

常に未知の世界を目にすることができるので、毎日が発見の連続といえます。

「多くの業界を知りたい」など、好奇心が強い人には、特に適した仕事でしょう。

二つ目は、「年齢を問わず活躍できる」。

専門職なので、能力があれば、若くても活躍の場は多く用意されています。

顧客からすれば、自分より若い相手であっても、いろいろな相談に乗ってくれるなど頼れる存在であれば、「先生」という扱いになります。

能力次第で、早くから重要な仕事を任されることも期待できます。

三つ目は、「どこでも必要とされている」。

顧客は、個人および法人であり、その人達の確定申告などを代行するのが主な仕事です。

そして、顧客は都会にも田舎にも存在しています。

むしろ、顧客がいない場所を探すほうが難しいとさえいえます。

ですから、「将来は田舎に戻って開業したい」という場合でも、長く仕事を続けて行くことが可能です。

しかし、このように多くの魅力がある半面、苦労する点もそれなりにあります。

一つ目は、「間違いが許されない」。

税金の計算はややこしいうえに、関連する法律が頻繁に変わります。

ですから、素人がやると意図しない申告漏れなどが起こるおそれがあります。

そのため、税金のプロが書類作成などを代行するわけです。

しかし、代行したにもかかわらず申告内容に間違いがあった場合、依頼人の社会的な信用も落としてしまうことになります。

ですから、常に責任感と緊張感を持って仕事に当たらなければなりません。

二つ目は、「常に数字に追われなくてはならない」。

仕事の大部分は、帳簿や書類の作成など、多くの数字が記載された物と向き合う状態になります。

そして、例えば顧問先の年間における収支を割り出したりするとなると、大量の領収書などに目を通さなければなりません。

地道な作業を、根気よく続ける日々が続きます。

この職業を選ぶ人は、計算や事務作業が好きな人が大半ですが、繁忙期になると、そういった人であっても投げ出したくなるほど、多くの数字と向き合う必要があります。

一つでも数字を間違うと、全体に影響を与えてしまうので、作業による過労だけでなく、プレッシャーから体調を崩すことも少なくありません。

■税理士に依頼する事で仕事の効率化を図る

私の法人は、滋賀 税理士と顧問契約を結んでいますが、税金に関する法律は非常に複雑なため毎月仕事をする上で助かっています。

特に私の法人は税に関する以外に月次事業活動計算書を作成して頂いているので、お金に関する殆どの仕事をお願いしています。

その他にも予算の作成や資金収支計算書、貸借対照表などを作成依頼して頂いています。

特に月次報告を行う為に月に1回は当法人に来て頂くので、税に対する個人的なアドバイスも受けれるのがメリットです。

税理士の主な業務では、納税者の代わりに税金の申告を行う納税代理、納税署に提出する書類を作成する税務書類、確定申告時期に不明な点などを相談する相談業務が仕事になります。

税金と言っても所得税、法人税、贈与税、相続税、消費税、事業税、固定資産税と多くの種類があります。

これらの知識を一般の方が把握し、自分で書類作成から提出までする作業は大変になります。

特に個人事業以外の中小企業などは扱う件数や種類も多くなります。

税理士は税金に関するプロフェッショナルなので、多くの業務を依頼すると事業主も安心して本来の業務に集中する事ができます。

私の職場は、社会福祉法人を経営しておりますが、H29年度より社会福祉法の大幅改正になり税に関する帳簿類や予算に関する事が更に複雑になったため、税理士の方には大活躍して頂きました。

また、予算1つにしても経営に関する相談や昇給率に関するシュミレーションも出して頂けるので、将来の見通しや計画をスムーズに作成する事ができます。

その他にも節税に関する事を指南して頂き、無駄な経費も抑える事ができます。

個人に関しては、確定申告の際に大いに相談に乗ってくれる事ができます。

特に自営業の方は1年間の収入や経費を計算して税務署に申告する作業があり、申告によって個人に課せられる税金の額が決まるので大事な作業になります。

忙しい個人事業主にとっては、税務書類の作成や申告は決して楽な問題ではないし、会計に対する専門知識も必要になります。

実にこの様な分かりづらい面倒な書類の作成から、税務署への提出までの一連の全ての仕事を行ってくれます。

税理士に依頼する費用も高価なイメージがありますが、上述した多くの仕事を依頼してもそれ程高額にはなりません。

私の法人は年間契約で、月5万円の支払いで契約しています。

逆に毎月5万円以上の仕事内容で頑張って頂いているので、当法人としても貴重な存在となります。

c0banは日本生まれの仮想通貨

仮想通貨と言えば、海外発祥の銘柄が有名で、知名度と共に使える場所が広がっています。

優れた仮想通貨の開発は、日本勢も決して負けていませんし、特にc0banという銘柄は新進気鋭の中でも注目の的です。

c0banの特徴は、セキュリティテストで大手銀行や証券会社並と評価され、安全性で安心感を高めている点が挙げられます。

また、高いレベルのセキュリティーをベースに、全てのサービスが一つの登録情報で利用出来るように作られているので、利便性の面もまた優れているのが魅力的です。

一方では、先行する仮想通貨の欠点を踏まえ、同時にブラッシュアップで使い勝手を高めている部分も評価に値します。

決済の取り引きに使う鍵を、複数に分割して不正を防いでいますから、安全性は最早トップクラスと考えることが出来るでしょう。

 

更に、取り引きの際に発行される証明書には、一般に使われる平均的なものではなく、信頼性を高めた拡張版が採用されています。

厳しい審査機関が、客観的c0banの信頼性を認めているので、始めて使う人も安心して取り引きを開始することが可能です。

日本初のサービスなので、取り引きを行う公式ページは日本語で表記されています。

サポートの窓口でも、対応は原則的に日本語ですから、問い合わせも不安なく行えると考えられます。

 

現在は、日本円とc0banの交換サービスがリリース済みで、将来的にはBTCとも交換が行える予定です。

為替の変動情報はリアルタイム性が高いので、常に最新の情報を参考に、安心して売り買い出来る点が優れます。

知名度だけは、大手に比べると後発なので一歩譲りますが、国内では既に名前が話題に出始めています。

今後、普及によって世界規模に発展する可能性がありますから、今から購入を検討して所有を考えることをおすすめします。

 

c0banの今後の展開予想

今の所、c0banの交換は日本円と2通貨間の双方向ルートだけですが、やがてBTCとの交換が開始されるので、知名度やシェアが拡大する余地が十分にあるでしょう。

新しい仮想通貨に興味を持って、この通貨の保有を考える場合は、取り引きの始め方に注目して理解を深めることが大切です。

取り引きで必要になるのはまず、新規の無料会員登録と、個人認証の流れの二つです。

前者は直ぐにでも始められますし、数ステップと数分間の手続き作業だけで、晴れてc0banの会員になることが出来ます。

逆に、後者は安全上の理由で必要ではあるものの、本人確認書類を用意して始めるだけと手続きは簡単です。

通常は、数日から1週間後には認証が完了するので、会員登録の後には少ない待ち時間で正式会員に昇格します。

今後のロードマップには、他の仮想通貨と相互取り引きの実現、そして世界規模のシェアの拡大が控えています。

 

提供が始まっている円からの交換、あるいは円への交換では、為替相場と同じ感覚で取り引きが行える、成り行きや指値注文にも対応済みです。

しかも、従来の仮想通貨と同様に、マイニングで通貨を獲得することも可能ですから、使い勝手はもう世界クラスだと言っても過言ではありません。

英語圏が主流でこれまで手を出しにくかった仮想通貨は、日本主導の通貨の登場によって、流れや今後の発展性が変わりつつあります。

日本人にとっては、母国語で取り引きが行えたりサポートが受けられますし、世界的な仮想通貨の取り引きを始める足掛かりにもなるので、日本製の仮想通貨の登場は大歓迎でしょう。

 

アプリやウェブブラウザでの取り引きにも対応

パソコンだけでなく、スマートフォンアプリやウェブブラウザでの取り引きにも対応しますから、本格的な投資先として検討出来たり、可能性を秘めている仮想通貨だといえます。

取り引きシステムは、現行状態でも完成度が高く、経営母体の企業には高い開発技術力と信用に足る安心感があります。

企業の構成員は日本人が中心で、技術に留まらず発想も日本的ですから、これまで他になかった仮想通貨の発展可能性に期待出来ます。

日本初の仮想通貨に興味を持った、でも安心して取り引き出来るか不安という場合は、企業が発信する情報に触れたり、度々開催される講演会に参加することがおすすめです。

企業情報は写真付きで働く人の顔が見えますし、講演会は代表者自らが壇上に立って濃密な情報を提供しているので、企業やサービスの魅力を伝えようと努力していることが分かります。

 

今はまだこれからの段階でも、努力と挑戦の意志は強く伝わりますから、今後に掛けて投資を検討する価値があるでしょう。

経営企業が思い描く将来は、送金手数料を10分の1レベルまでに抑えたり、スマートフォンを振るだけで送金が完了する未来です。

お金を必要とする相手に、1円単位で簡単に送れる未来を描き、それを世界規模で実現しようとしています。

このような志を持つ企業や経営者が登場したことは、日本にとって歓迎すべきですし、誰にも強い志を邪魔する資格はないはずです。

仮想通貨で実社会とインターネットの融合を目指していますから、今まさにお金のあり方や人々の生活を変えようとしている、そういった企業が提供するサービスだと理解出来ます。

(参考:c0banより)

不動産コンサルタントとはどんな仕事?

不動産投資などに興味のある人などは、不動産コンサルタントという名前の職業について耳にしたことがあるのではないでしょうか。

不動産コンサルタントは近年特に耳にすることが多くなってきた比較的新しい職業の一つなのですが、具体的な仕事内容や必要な資格などについて分かり辛い部分も多いのが現状です。

よく新聞や雑誌、インターネット上などでコラム記事などを寄せているのを見かけますが、それだけではどのような仕事をしているのか明確に知ることは難しいです。

この職業を名乗るためには特別な資格が必要なのかといったポイントも良く分からないことが多いので、不動産コンサルタントについて知っておきましょう。

■不動産コンサルタントという資格

不動産コンサルタントというのは、不動産関連の財団法人が主催している資格試験に合格し、一定の条件を満たした人のみが名乗ることのできる職業です。

試験にパスして条件を満たした場合、不動産コンサルティングに関する技能登録証というものを交付してもらえます。

顧客に対して不動産のコンサルタント業務を行うためにはこの技能登録証が必要となるため、交付されたら大切に保管しておく必要があります。

この登録証の名を取って、コンサルティングの技能登録者などと呼ばれるケースもあります。

不動産の世界は手続きや制度、税金関係など様々な複雑な知識が存在するため、こういった知識をあますことなく身に着け、顧客に対して正しくアドバイスを行う不動産の専門家として重宝されています。

■専門的な豊富な知識が必要とされる

具体的には、高度な専門知識を活かして、不動産の取得や活用方法、処分や管理、さらには投資などあらゆる分野で客観的なアドバイスを行います。

こういったことを検討している顧客に対して、最善の選択ができるようにコンサルティングを行うというのが実際の仕事内容ということになり、テレビなどで活躍している有名コンサルタントなども数多く存在します。

不動産の活用や売買などには非常に難解で複雑な法律や手続きが絡んでくる上、その不動産の活用方法も実に多種多様です。

そんな不動産の世界の中で、知識をあまり持っていない一般の投資家や顧客が安易に手を出してしまうと、大きな損失を被ってしまう可能性もあります。

こういった多大な不利益から顧客を守るために創設された資格制度であり、中には不動産のコンサルティングを専門に扱っている不動産会社やコンサルティング事務所なども存在します。

こういったところに相談を行うと、マーケットの調査や分析、取引条件など様々な面から顧客が有利になるようにアドバイスを受けることができます。

ただ、取引相手となる不動産会社にコンサルティングを依頼してしまうと、会社は自分たちに有利になるようにアドバイスする可能性も高いため、顧客を守るという本来の目的を果たしてくれなくなるので注意が必要です。

できれば取引に全く関わりのない、第三者的な立場のコンサルティング事務所などに相談するようにしましょう。

コンサルティングを依頼する相談料は各事務所や不動産会社によって設定が異なりますが、1時間当たり約5,000円程度が相場となっています。

相談だけでなく、取引予定の不動産物件の査定や契約書など必要書類の作成、契約や新築物件竣工検査などへの立会いを依頼することもできますが、これらを依頼する場合は内容に応じた料金が発生するので事前に確認しておきましょう。

■合格率や収入について

不動産コンサルタントの資格を取りたい場合、上述したとおり財団法人が行っている試験に合格する必要があります。

この試験を受けるためにはいくつか条件があり、まず宅地建物取引主任者や不動産鑑定士、一級建築士の資格を持っていることが求められます。

これらの仕事に現在従事しているか、もしくは今後従事する予定のある人という点も条件になっており、試験に合格したとしても登録してもらえるのは宅地建物取引主任者などの資格を取得した後に5年以上の実務経験を有している人のみとなります。

試験内容は択一式試験及び記述式試験となっており、200点満点のうち120点ほど取得するのが合格ラインだと言われています。

近年の試験では合格率は約45%付近となっており、難易度が比較的高いと言えます。

不動産コンサルタントの資格を有していると、不動産会社の求人に採用されやすくなる他、実務経験をどんどん積んで知識を着けていけば、いずれ事務所から独立して自分の事務所を立ち上げることも可能になります。

コンサルタントかつサラリーマンとして企業に勤務している場合は、年収500万円ほどは得られるケースが多くなっています。

コンサルタントは個人の能力が大きく成果を左右する職業ですから、実績によって給与が上げ下げされる成果報酬制度を実践している企業も多くあります。

実際のコンサルティング業務そのものは資格が無くても可能ですが、資格を持っていると顧客からの信頼度が大きく異なり、集客効果にも影響を与えるので取得しておいた方が賢明です。

 

※参考サイト
マイランド

システムエンジニアの仕事とは?

システムエンジニアという職名を良く聞きます。

通称「SE」。

具体的には、どんな事をやっているかのかを簡単に御説明したいと思います。

システムエンジニアとは突き詰めて言うと「コンピュータシステムの設計をする」のが仕事です。

そして大きく「制御系」と「業務系」の2種類に分かれます。

・制御系SE

制御系SEは機械制御のシステムを設計するのが仕事です。

近頃、話題の「自動運転システム」、またゲーム作成やロボットを動かすシステム(プログラム群)を設計するのが主な業務です。

地味な所では家電に組み込まれているタイマー制御(時間になったらスイッチが入る、切れる等)や一定の温度になったら止まるエアコンなんかも制御系SEが設計したプログラムによって動作しています。

制御系システムは「機械が一定の動作をするように」プログラムから指示を出して制御しますので対象となる機械によりプログラムの内容は異なります。

ですので制御系SEはプログラムの知識だけでなく制御対象となる機械についても熟知していなければなりません。

つまり制御系システムはプログラムとハードウェアの両方の知識が無いと作れないのでSEの中でも専門性が高く、また使用するプログラム言語も最終言語である「マシン語」に近いアセンブラという言語を使う事も多いので通常のプログラムより難易度が高くちょっとプログラムを勉強した程度ではなれません。

制御系SEの多くは理工系の大学や専門学校を出て機械メーカーに就職した人達で「一般募集」がかかる事はほとんどありません。

・業務系SE

よくSEで「未経験可」で一般募集がかかるのは、こちらの方です。

業務系SEは「顧客の会社が業務の為に使っているシステム」を設計するのが仕事です。

通常の会社業務は現在ではシステム化されている所がほとんどでそれらのシステムを作ったり面倒をみたりするのが業務系システム
のSEの仕事です。

ですので業務系SEは「業務知識」が求められます。

対象としている業務内容によって色々なシステムがありますが代表的な物は以下の通りです。

「販売在庫管理システム」
注文の受注から発送までを管理するシステム

「生産管理システム」
製品作成を管理するシステム

「人事管理システム」
社員の給与・賞与や勤怠を管理するシステム

「経理管理システム」
会社の決算業務を管理するシステム

業務システムは制御システムとは違い相手が「人間」である、というのが制御系と大きく違う所です。

ですので顧客とのコミュニケーション能力も重要になってきます。

一方、ハードウェアは既存の物を使用するので専門知識はあまり必要ありません。

ドスパラを利用しました

ドスパラを利用してパソコンを購入しました。

自分が購入したのはクリエイターパソコンというところのものです。

このクリエイターパソコンにしたのは、自分はCG作成をしているからです。

特にすごいものを造っているわけではありませんが、CGはとにかくメモリーを使用するので、よくメモリーがないというメッセージがでて困っていました。

そのような時には、内容を少し変えたり、パソコンを落としたりして対処をしていたのですが、とうとうパソコンを購入することに決めたのです。

いろいろとパソコンショップを見て回ったり、通販サイトを調べたりもしましたが、ドスパラが一番コストパフォーマンスがいいように感じました。

しかも、ここはわかりやすいということがありました。

他のパソコンショップでは、いろいろなソフトが入っていて、あれも出来るこれも出来るということになっていましたが、ここのはソフトは何も入っていません。

自分が使うものは既に自分で持っているので、そういうものをさがしていました。

不要なものが入っていても邪魔なだけで余計なメモリーはくうし、料金は高くなるしていいことは何もありません。

CG制作にしか使わないのですから、CG制作用のものとして、ドスパラのパソコンが最適だったのです。

性能もこれまで持っていたパソコンよりも格段に上だったので、これならメモリー不足で困るようなこともないのではないかということで、ここにしました。

実際に買って使っていますが、本当にいいと感じています。

買い替えて正解だったという感じです。

何しろメモリー不足というメッセージは出てきませんし、全ての作業が驚くほどスムーズになっています。

これまで、気になっていたレンダリングという画像出力にかかる時間もかなり短くなっていました。

これまではあまりにも長いので、その間は別の作業をするということにしていたのですが、それもしなくてよくなりました。

ちょっと長いCGを作ると確かにレンダリング時間はかかりますが、それでも依然と比較する断然違います。

後は、画面の切り替えというのも早くなったような気もします。

これは自分の感覚的なところかもしれませんが、とにかく使いやすくて、いい買い物をしたという気がしています。

後は壊れないで少しでも長く動いてくれるといいのですが、こればかりは運を天に任せるしかありません。

もし壊れたときには、またここにお世話になるのではないかと思っています。ドスパラ 評判

みんなで大家さんなどの投資信託について

10年近く前から投資信託をチョコチョコ買っているのですが、いまだにどれが上がりそうで、どれが下がりそうかまったくわかりません。

最初は農業関連がこれからは伸びるのかな?と思って農業関係の投資信託を買ったのですが、すぐに値下がりをしました。

世界人口は増えているのだから農業は盛んになっているはずなのにどうして?と思って目論見書をよく読んだらば、世界的な種子メーカー(遺伝子組み換えの種を売っているところ)や農薬メーカー、化学企業なんかが入っていて、どうも世界の農業を応援しているわけではなさそうでした。

農地が増えても、伝統的な農法をしていたらこの投資信託には関係ないわけです。

この失敗で、目論見書はきちんと読まなきゃだめだということに気づいて、いろいろな投資信託のものをよんでみたのですが、てんでわからない。

目論見書に書いてある企業を全然しらないし、ましてや企業の業績なんてわからない。

そんなに時間もかけられないので、目論見書を読んで買う方法はあきらめました。

で、どうしたかというと、人気ランキングをみて上位のものを買っていくという方法です。

私よりも知識も時間もあるひとが選んだものはきっと正しいだろう、という戦略です。

これは結構当たりました。市場全体が上げムードだったこともあり、プラスで売ることができました。

配当も結構つき、確かにみなさんいいものを選んでいるなあと感心しました。

ただ、まったく面白くなかったです。

そして、自分が分かって選んだものではないので、上がり下がりの予想ができず、市場の波に乗って適当に売り買いしている感じでした。

最後に行き着いたのが長期投資でした。

投資信託のよしあしは結局投資先を確認するしかなく、それには結構な時間がかかるので、難しい。

隙間時間にちょこちょこ調べられる量ではなかったです。

それに、個別企業のよしあしが分かっちゃったら、その時点でそこの株を自分で買えばいいじゃん、と思ったんです。

投資会社をある程度信用するしかないのだな、と腹をくくって、信用できそうな会社を探し出し、そこに少しずつ積み立てていくことにしました。

長期で考えれば短い期間での上がり下がりは気にする必要はないし、たとえ、一時的にマイナスになっても信用して預けていこうと考えています。

株式投資とくらべて投資信託はどうももやもやしているというか、うまく自分で判断できない部分があります。

日経平均に連動しているものとかは選びやすいけれどあまり面白みがないし、投資会社ももう少し個性的なファンドを作ってくれたらなあと思っています。

たとえば子育て関連企業に投資するものとか、文化事業にチカラを入れている企業を応援するファンドとか、保育所を併設している企業限定のファンドとか、お金儲けだけじゃなくて、企業を応援する気持ちを受け止めてくれるものが欲しいんです。

値下がりしたときもどんと構えて持っていられるような、愛着のわくファンドがたくさん出てきて欲しいです。

最近はみんなで大家さんに投資しようかなと考えてます。

 

※参考リンク
みんなで大家さん 評判

副業に使えるtool+を購入予定です

働き方の点において今の時代が昔と最も違うのは通信手段の発達です。

昔は電話やFAXしか通信手段がありませんでした。

しかし、今は携帯電話やスマートフォンやメールやいわゆるSNSといった昔では考えられない通信手段があります。

通信手段が発達したことによりなにが最も変わったかといいますと、それは働き方です。

この呼び方はかなり古いものですが、ホワイトカラーの人たちの働き方をガラッと変えました。

いつの時代もそうですが、新しいやり方が入ってくるときは必ず抵抗する力が働きます。

理由は、これまでのやり方に慣れている人たちが反発するからです。

しかし、これもいつの時代もそうですが、若い人たちは新しいことになんの抵抗感もなく接します。

通信手段の発達により連絡が取りやすくなりました。

顔を見ながら電話もできますのでわざわざ移動する手間も省けます。

これなどは省エネにも役立ちます。

そして、省エネよりももっと歓迎されるのが効率化です。

移動するのに要する時間や経費が必要なくなるのですからこれほど効率に貢献することはありません。

このような時代において働き方も変化してきます。

先にもかきましたように、抵抗する人たちはいますがそんなことはお構いなしに時代はドンドン進みます。

経営学者のドラッカー氏は「変化はコントロールできない。できるのは変化の先頭に立つことだけだ」と喝破しました。

そうなのです。

働き方の変化は否応なくやってきます。

ビジネスにおいて移動する必要が減るのですから会社に出社することの必要性も減ってくるのは当然です。

そうなりますと、その先に待っているのは在宅ワークという働き方です。

在宅ワークという言葉の響きからしますと内職とかそういった類の仕事を連想しますが、これからの在宅ワークは普通の一般社員の働き方になっても不思議ではありません。

なにしろ通信手段が発達しているのですから連絡方法はいくらでもあります。

もちろん顔を合わせることもできますので相手の表情までも知ることができます。

直接会っているのと変わらないのです。

また、報告の内容にしても同様です。

インターネットのクラウドを活用することでどんな内容の報告もできます。

具体的には表を作成したり写真を見せたり動画までも共有することができます。

これだけの通信手段の発達があるのですからわざわざ出社する意味がなくなるのは当然です。

ワークライフバランスの面から考えても同様です。

できるだけプライベートの時間を確保するためにも在宅ワークが今後のビジネス界において増えていくのは時代の流れといえます。

また、最近はtool+などのツールを上手に使い、本業の傍らで副業に勤しむ人も増えてきています。

tool+はアフィリエイトで稼ぐためには非常に役にたつツールで、ネットの口コミも上々のようですね。

私もアフィリエイトをやっているので、今後tool+を購入してみようかなと思ってます^^